ブログ

【量より質】PFCの「質」を考えよう

こんにちは!
名古屋の姿勢・動作改善パーソナルトレーナー
日本で唯一の「姿勢改善士」
そして裏健康情報暴露人の
宮奥 丞です。

 

 

 

 

 

 

今回のテーマは、

 

 

 

PFCの「質」を考えよう

 

 

 

 

です。

PFCバランスという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

これは、

 

・P=タンパク質(Protein)
・F=脂質(Fat)
・C=糖質(Carbohydrate)

 

のエネルギーとなる3大栄養素の推奨摂取比率を表した言葉です。

で、推奨されるバランスが以下の通りなのですが…

 

 

これとは別に、「質」も考えて欲しいよね、というのが今回の内容です。

以下に、PFCのそれぞれで考慮すべき「質」における注意事項をまとめました。

 

 

 

 

 

・P(タンパク質)の「質」を考慮する上で欠かせないポイント

✔ 加工肉(ハムやソーセージ等)を避けること。添加物の発がん性が高い。
✔ 安い食肉(特にブラジル産など)を避けること。ホルモン剤等の影響が大きい。
✔ なるべく大きな魚(マグロやカジキ)は避けること。生物濃縮で有害金属が多い。
✔ 牛乳は骨質減少や発がん性リスクが高いため、なるべく避けること。
✔ 豆乳も牛乳よりはマシだがホルモン分泌や発がん性に影響する。多飲を避けること。
✔ どの食材も産地に気をつけること。特に国産でも東北・太平洋側の食材は避けること。

 

 

・F(脂質)の「質」を考慮する上で欠かせないポイント

✔ オメガ6を減らし、オメガ3を積極的に摂るようにすること
✔ サラダ油などの精製油を徹底的に避けること。体内酸化が進み各疾患の温床になる。
✔ オリーブ油はエキストラバージンの「偽物」が横行中。なるべく高価な物を買うこと。
✔ バターなども同じく大手メーカー品ではなくなるべく高価な物を買うこと。
✔ 全てのアブラにおいて劣化&酸化したものは避けること。なるべく早く使い切る。 

 

 

・C(糖質)の「質」を考慮する上で欠かせないポイント

✔ 砂糖を徹底的に避けること。言わずもがな万病の元。
✔ 人工甘味料も避けること。血糖値を上げにくいが脳への影響は砂糖より強い。
✔ 砂糖も含むが「精製糖」を避けること。純度が高く、細胞が糖化=老化しやすい。
✔ 玄米や十六穀米など「複合糖質」を意識して増やしてみる。
✔ 清涼飲料水は本当にNG。飲めば飲むほど病気になりやすい。

 

 

 

 

 

以上です。

「質」と言っても安全性や危険性にまつわるような部分ばかりですね。

ですがこれが最も根源的かつ重要な事象なのです。

皆様も、PFCの量ばかり気にするのではなく、

「質」も気にして健康的な食生活を目指してみてはいかがでしょうか?

詳しくは、Youtubeでも同じ内容の動画をアップしていますのでぜひご覧下さい!

↓↓

 

 

本気で「本当に効果的な」ダイエットをしたいという方は、
ぜひ僕にご相談下さい♪↓↓

 

★★  今すぐに「問い合わせる」 ★★

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しくトレーニングや姿勢改善のコツを知りたい!
宮奥のトレーニングやセミナーを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

「 名古屋で姿勢と動作の改善なら、” 姿勢改善士 ” 宮奥 丞 」

~トレーニング・セミナーの申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー