姿勢・機能改善

既存の常識
とは違う、
本当に正しい
姿勢改善を
あなたに

現代の姿勢改善指導は、間違いだらけです。
特に、お悩みの方が多い「猫背」については、多くの誤解があると言えます。
「猫背改善には、背中をまっすぐにして、胸を張り、肩甲骨を内に寄せるのが重要!」
というのが現在は一般的であり、整体に行ってもおおよそこの考えに沿って施術が進んでいくと思います。
猫背のイメージ画像
ですが、これは実は間違いだらけの姿勢改善なのです。
現代日本人に、本当に治す必要がある猫背の人はほとんどいません。
そればかりか、既存の姿勢改善アプローチでは、痛みや不調を余計に招く可能性が高いのです。
下の写真は、人間の正常な骨格を横から見たものです。
猫背のイメージ画像
背中の部分、丸まっていますよね?
この丸まりを、「生理的弯曲」と言って、人間が本来持つべき背中の丸まりです。
そう、人間は本来「丸まった背中」が正しい姿勢なのです。
なので、猫背姿勢は皆さんが思っているほど悪い物ではないのです。
人間は皆、本来背中が丸まっているのですから。

既存の姿勢改善
アプローチで
起こる弊害

既存の「背中を伸ばし、胸を張るような姿勢こそ正しい姿勢」という概念。
これに忠実に、姿勢改善アプローチをしてしまうと、どうなると思いますか?
前述のように、そもそも丸まっているのが正常な背骨を無理に伸ばし、平坦化、もしくは過剰に反るようなアプローチをすると、ムダな緊張が起こります。
ムダな緊張は、主に伸ばされた背骨を支える筋肉に走ります。
筋肉が、無理に伸ばされた背骨を頑張って支えていますから、常に収縮することになります。
つまり、ずっと休み無く、筋肉は力を出し続けていることになるのです。
すると、その筋肉たちは、がんばりすぎて痛みを出します。
「もう力を出せない!酸素も足りない!休ませてくれ!」って感じです。
すると、その部位に慢性痛が定着し、背骨を本来の丸まりに戻さない限り、
その痛みは居座り続けることになるのです。

Kinesisでは、
「本当に正しい
姿勢・機能改善」
をお届け
いたします。

多くの方の「私、猫背なんです…」ってケースは、実は、
頭だけが前に突き出ていて、実は背中は全く丸まっていないことが多いです。
猫背のイメージ画像
この写真のように、頸椎と胸椎(背骨の胸の部分)の境目だけ後ろに飛び出た「首猫背」姿勢が、現代人には圧倒的に多いのですね。
この姿勢は最悪の姿勢です。緊張は取れないし、痛みも出るし、呼吸も浅くなって自律神経失調、全身性のむくみや便秘、頭痛、内臓機能低下なども頻発します。
では、改善するにはどうすればいいのか?というと、非常にシンプルな話です。
「本来の背骨のカーブを取り戻す」
ということが、本当に正しい姿勢・機能改善アプローチとなります。
Kinesisでは、お客様に合った正しい姿勢・機能改善指導をご提供いたします。
1人1人のクセや歪みを見抜き、その人が持つ正しい背骨のカーブを再獲得していきます。
色々な整体院や整形外科を受診しても肩こりや腰痛が治らず苦労された方、姿勢が悪くて日々悩んでおられる方、ぜひKinesisにご相談下さい。
既存のやり方を覆す、「本当に正しい姿勢・機能改善」があなたを待っています。
猫背のイメージ画像