最新情報

【必見】筋肉が攣りやすくなる原因

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅&昭和区御器所駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesisトレーナーの角谷(かどたに)です。

 

 

 

今回は、

 

筋が攣りやすくなる原因

 

についてです。

 

 

50歳男性を毎夜襲った「こむら返り」の意外な原因 | 40代以上の男のカラダとココロの悩み | ダイヤモンド・オンライン

 

 

急激に寒くなってきましたね。

僕は寒いのが苦手なので、早くあったかい時期になってくれと切実に願っています。

また、今年は時期にかかわらず、

インフルエンザが流行っているみたいなので、

良い食事、睡眠、適度な運動で免疫力を上げて、

インフルエンザ、その他風邪に負けないようにしましょう👍

では、最初の挨拶はこれくらいにして、本題に移ります。

 

今回は筋が攣りやすくなる原因についてです。

最近、足が攣りやすくて困っている。

と、お客様からご相談をいただいたのもあり、

今回、ブログでお答えさせていただきます。

 

では、まず、筋肉が攣るというのがどういう状態なのかを知りましょう。

「攣る」とは、筋肉の伸張と収縮の「伸縮バランス」が崩れてしまい、

筋肉が異常な収縮を起こし、元に戻らない状態を言います。

この伸縮バランスを調整しているのが、

筋紡錘腱紡錘になります。

筋紡錘は、筋肉の伸びすぎを防ぎ、

腱紡錘は、筋肉の縮みすぎを防ぐ役割をしています。

これらが筋肉の伸び縮みのバランスを調整し、

また、筋肉の過剰な伸縮を知らせてくれるセンサーの役割を果たしてくれています。

攣るという状態は、特に“腱紡錘の機能が鈍くなってしまう”ことで起こるので、

攣らないためにはこのセンサーのバランスを保つことが重要です。

 

では、なぜ伸縮バランスが崩れてしまうのか?

主な原因として、

 

①電解質異常

②筋肉の過緊張

 

以上が挙げられます。

 

 

では、まず電解質異常についてです。

電解質異常とは、

「身体の中のマグネシウム、カリウム、ナトリウムなどの

濃度が異常に高かったり、低かったりする状態を指します。」

電解質は、主に細胞の浸透圧を調節したり、筋肉細胞や神経細胞の働きに関わるなど、

身体にとって重要な役割を果たしています。

筋肉が攣る状態というのは、この電解質が少ない状態です。

これら電解質(ミネラル)が不足すると、

神経情報の伝達に支障をきたし、腱紡錘の機能が鈍くなり、

筋肉が攣るといった状態になります。

電解質異常に陥る原因として考えられるのが、

「栄養不足」

「発汗」

です。

まず、栄養不足ですが、

これはミネラルの不足がもたらすものです。

上記にもあるようにマグネシウム、カリウム、ナトリウムなど

筋肉の動きや神経伝達に関わるミネラルを積極的に摂取するようにしましょう。

次に発汗です。

汗によって水分と一緒に電解質まで流れてしまいます。

そうすると、電解質の不足を招き、筋肉が攣りやすくなります。

これを防ぐためにも日頃からの栄養摂取に加え、

汗が出やすい運動時などはスポーツドリンクなどを飲むようにしましょう。

 

次に筋肉の過緊張です。

姿勢の乱れ、立ちっぱなしの作業、デスクワークなどで起こります。

では、筋肉の過緊張とはどういう状態なのか、

例を用いて紹介します。

例えば、立った状態で指先に重心がかかるような姿勢を取ると、

重心が前に崩れないようにふくらはぎやモモ前に常に力が入ります。

このような過緊張状態が続くと、筋肉が硬くなり、伸縮バランスも崩れ、

急な動き(階段を昇る、走る、ジャンプなど)が加わった時に

ふくらはぎなどが過剰に収縮し、筋肉が攣りやすくなります。

また、過緊張状態が続き筋肉が硬くなることで、

本来、筋疲労を回復させる血流がふくらはぎに上手く流れなくなり、

筋肉が酸欠を起こして筋痙攣(攣り)が発生します。

このように筋肉の過緊張状態が続くと、

筋肉が攣りやすくなるので、

同じ姿勢で身体を固定したり、

一部の筋肉に負担がかかるような姿勢で作業したり、過ごしたりするのは避けましょう。

 

これら2つが筋肉の伸縮バランスを崩し、

攣りやすくなる原因を作っています。

また、これら以外にも考えられる原因として、

気温が低くなり寒くなると、冷えによる筋肉の柔軟性低下や

血液循環が悪くなることで栄養が行き届かなくなり、

寒さによって筋肉自体の動きも悪くなることで、

急に身体を動かしたときに攣ってしまうといったことが起こります。

また、水分不足によって血液循環が悪くなり、

栄養不足によって攣るといった現象が起こります。

なので、攣りやすいという方は、

日頃からのミネラル摂取とともに水分摂取も欠かさず、

日頃の姿勢や作業姿勢の見直し、

適度な運動を行っていきましょう👍

 

 

いかがだったでしょうか?

今回は筋肉が攣る原因について紹介しました。

運動をした時もそうですが、

今の時期のように寒くなってくることによっても起こりやすくなるので、

今回のブログを参考に、

日頃からのミネラル摂取を行うことをオススメします♪

もし、名古屋近郊で、

「姿勢、作業姿勢による痛みに悩んでいる」

「どんな栄養素を摂ったらよいかわからない」

「運動習慣を身につけたい」

という悩みや目標がございましたら

ぜひ、当ジムに足を運んでみてくださいm(__)m

 

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

LINE

お気軽にご連絡ください!

お問い合わせ

24時間お問い合わせを受け付けております!

YouTube

最新動画をいち早くチェック!