ブログ

【腹筋運動はムダ?】正しく腹筋を割る方法

こんにちは!

5/17にOPEN予定!
名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・動作改善パーソナルジム
Kinesis代表の宮奥 丞(名古屋の姿勢改善士)です。

 

 

 

今回は、

 

正しく腹筋を割る方法

 

についてですm(__)m

トレーナーをやっていると、

この手の質問は非常に多く受けます。
(姿勢改善トレーナーであってもご多分に漏れず…笑)

なので腹筋を正しく割りたいという皆様のためにも、

今回のブログで、

「正しい腹筋の割り方」

を伝授したいと思います!

 

 

 

 

 

 

結論から言うと、、、

 

「お腹の皮下脂肪を落とすために食事制限をすること」

 

が、正しく腹筋を割る方法です。

「え、、思ってたんとちがう・・(~_~;)」

とお思いの方もいらっしゃることかと思います。

ですが、本質を考えれば理解できることなのです。

腹筋を割る=「腹直筋のカットを見せるようにする」

ということです。

 

 

なので、筋肉の上に乗っかっているジャマな物を

「排除」することこそが最優先になります。

で、この「ジャマ物」というのが皮下脂肪なのです。

そもそも、

腹筋ってだれでも割れている物なんです。

腹直筋のあのセパレートは、

縦線が「白線」

横線が「腱画」

といって、生まれながらにして持っている構造です。

 

 

なので太ってる太ってない関係なく、

みんなあの「線」は持ってますので、

構造的にそもそも腹筋は割れている物です。

余談ですが、

「シックスパックなりたい!」

とかよく言いますけども、

あのセパレートの数は、個体差があります。

なので、自分がシックスパックなのか、フォーパックなのかは、

割ってみないと分からないと言うことです。

 

 

 

 

 

 

話を戻しまして、

なので、結局は、

皮下脂肪を落とす努力をしない限りは、

どれだけ腹筋運動やっても腹筋を割れない

ということなのです。

 

 

ですが、

 

「じゃあ、腹筋運動って全く意味無いんだね…」

 

とはなりません。

お腹割るのに直接的効果が無いだけで

間接的には、腹直筋のサイズを肥大させ、

よりくっきりと腹筋を割ることに貢献しますから、

やはりやらないよりやった方が良いでしょう。
※あくまでボディメイク的な筋造形の観点での話。

しかし、大前提条件として、

 

「そもそも皮下脂肪落とさないと下の腹筋見えないぜ?」

 

 

ということなのです。

何度も言いますが、

ホントに腹筋割りたければ、皮下脂肪を落とすこと!

つまり食事制限カロリー制限を行うことが条件になると言うことです。

 

 

コレを参考に、皆様のダイエットやボディメイクが、

より効果的になることをお祈り申し上げますm(__)m

今回の内容は動画でもご視聴いただけますよ~↓

 

 

で、

「自分一人では無理!プロの手を借りたい!」

という方は、ぜひパーソナルジムKinesisへ!

気になる方はぜひお気軽にご相談を!

現在は、5/17のOPENに向けて準備を急いでおりますが、

ご質問やご相談、初回体験の先行予約等

現在、すでに受付中でございます♪

「お問い合わせ」からご連絡下さいm(__)m

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー