最新情報

【時間が無いときにオススメ】スーパーセットについて

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesisトレーナーの角谷(かどたに)です。

 

 

 

今回は、

 

時間が無いときにオススメ!スーパーセット

 

についてです。

 

自宅トレーニングを行うためにまず揃えとくべき筋トレ器具11選【プロが教える筋トレ】 | ORICON NEWS

 

日々の生活で時間に追われ、

筋トレを行う時間が無いときありますよね?

そんな時にオススメなのが、

「スーパーセット」となります。

 

スーパーセットとは?

「主動筋と拮抗筋を交互に鍛える方法」となります。

“主動筋”とは、ある動作を行うときにメインで動く筋肉となります。

例えばアームカールを行うときは、

肘の曲げ伸ばしを繰り返し行うトレーニングです。

肘を曲げて力こぶを作り、

力こぶを作った筋肉で負荷に耐えながら下ろしていきます。

その時に主に働く筋肉として上腕二頭筋が使われます。

アームカールでの主動筋は上腕二頭筋となります。

では、次に“拮抗筋”です。

またアームカールで例えていきますが、

上腕二頭筋がメインで働いているときに

反対の位置に存在し、反対の作用(肘を伸ばす)の筋肉が

拮抗筋となりますので、

アームカールでの拮抗筋は上腕三頭筋となります。

上腕三頭筋を鍛えるときはこの逆となります。

では、なぜこのやり方が時短になるかというと、

 

①主動筋の休憩中に拮抗筋を鍛えられる

②相反抑制が使える

 

この2つの効果によるものです。

 

では、

①主動筋の休憩中に拮抗筋を鍛えられるですが、

文言の通りです。

本来、主動筋を鍛えた後は休憩をとるはずです。

休憩をするとどうしてもトレーニングの時間が長くなってしまいます。

ですが、スーパーセットで行うと、

その休憩中に拮抗筋を鍛え、主動筋を休ませることができるので、

2つの筋肉を素早く鍛えることができるということです。

(例:アームカール→フレンチプレス)

(例:ベンチプレス→ベントオーバーロウ)

 

では、次に

②相反抑制を使えるですが、

「相反抑制」というのは、

主動筋が働いているときは、拮抗筋が抑制(緩んでいる)されるという

身体の仕組みとなります。

ですので、主動筋を鍛えているときは、

身体の仕組みによって拮抗筋がしっかり休んでいる状態となりますので、

筋トレをしている最中でも休憩が取れるということです。

 

これら2つの理由により、

スーパーセットを行うことで間短縮」になります。

ですが、

スーパーセットにもデメリットもあります。

デメリット?むしろメリットかもしれませんが、

「めっちゃ疲れる」ということです。

それもそのはず、

本来は、身体を動かさず休憩しているところを

トレーニングをしているわけですから

疲れて当然なのです。

ですが、身体を休めずにずっと動いている状態ですので、

心拍数は上昇し、心肺機能に負担がかかるので、

心肺機能が鍛えられます。

これをデメリットととるか、メリットととるかはその人次第ですね♪

 

 

以上となります。

いかがだったでしょうか?

時間が無いときに筋トレを行うなら、

スーパーセットが良いでしょう。

ですが、めっちゃ疲れます。

また、ジムによってはスーパーセットを禁止しているジムもありますので、

行うなら家で、もしくは行っても大丈夫なジムで行ってください✨

 

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

LINE

お気軽にご連絡ください!

お問い合わせ

24時間お問い合わせを受け付けております!

YouTube

最新動画をいち早くチェック!