最新情報

【高齢の方に多い】胸を張ると腰が曲がりますよ?

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesisトレーナーの角谷(かどたに)です。

 

今回は、胸を張ると腰が曲がりますよ?についてです!

 

ソース画像を表示

 

胸を張ると腰が曲がるって矛盾してない⁉

って多くの方はびっくりするでしょう。

猫背だから腰が曲がったおばあちゃんみたいになるんじゃないのって

思う方も多くいると思います。

 

ですが、よく見てみると、

腰が曲がったおばあちゃんって猫背ではなく、

むしろ背骨は”平坦”なんですね。

腰が曲がっていて、腰に手を回していたりするので、

巻き肩にもなっていないですし、

腰をそのまま立ててイメージすると、

猫背よりも平背の状態なんです。

 

背中が曲がっているのではなく、

腰が曲がっているのです。

なんとなくイメージはできるでしょうか?

 

平背になると、

「背骨がまっすぐ」になるので、

背骨にかかる“重力が分散されず”

「腰椎の圧迫骨折が起こり、腰が曲がってしまった」

という可能性が一つ。

 

そして、もう一つは、

平背になると、

丸まらないといけない部分が平坦(胸椎)になるので、

どこかで、

曲の代わりを作らないといけないとバランスが取れなくなる」

ため、

“代償動作”が起こります。

姿勢が悪いね」

なんて周りから言われると、

もっと胸を張ろうとする心理が働くので、

生理的湾曲である椎の丸み”はほぼなくなり、

さらに骨盤が前方に変位してしまいます。
(スウェイバック姿勢)

肋骨は骨盤よりも後方に位置してしまうことで、

ズレが大きくなり、バランスが取れなくなったため、

そこからさらに、代償動作が起き、

頭を前方に出したりして、

重心を取らないといけなくなり、

腰から上が前に倒れてしまい、

その姿勢が定着してしまった。

このように推測できます。

 

世間一般で言われる良い姿勢”にしようとすればするほど、

背骨のバランスが崩れてしまい姿勢が乱れ、

重力分散できず骨折してしまい、

曲がってしまうリスクが上がります。

そして、高齢の方でなくても、

姿勢の乱れによって、

身体のどこかに不調を抱える人も多いです。

そして、今や子どもでも不定愁訴を抱える時代です。

明治維新後、戦時中から続く軍隊姿勢、立腰教育のなれの果てですね。

 

いかがだったでしょうか?

こうならないためにも、当ジムのブログで散々言ってますが、

踵重心で背中を丸めて立つ。

座る時も背もたれを使って、背中を丸めて座ってください。

なので胸を張って背筋ピンっとする、

何を根拠に良い姿勢と決めたかわからない、

そんな張りぼての姿勢よりも、

力を抜いてリラックスした人間本来の姿勢が一番キレイで機能的ですよ✨

 

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

LINE

お気軽にご連絡ください!

お問い合わせ

24時間お問い合わせを受け付けております!

YouTube

最新動画をいち早くチェック!