ブログ

【気を付けて!】変形性膝関節症になりやすい姿勢、身体の使い方

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesisトレーナーの角谷(かどたに)です。

 

今回は、変形性膝関節症になりやすい姿勢、身体の使い方についてです!

 

膝が痛い。そういうお悩みはありませんか?

変形性膝関節症って高齢者の方が患うイメージがありますよね?

 

最近では、40代、50代の方でも変形性膝関節症になりやすいです。

発症する年齢が若くなってきていますね💦

重いものを頻繁に持つなどの生活形態などにも影響されると思いますが、

あまりにも多すぎますね。

 

なりやすい方の特徴として、高齢者の方、女性、筋力低下、O脚、X脚の方、

肥満の方などいろいろな要因があります。

 

ですが、それ以外にもなりやすい方の特徴があります。

 

まずは姿勢です。

つま先重心、胸張り姿勢も一つの要因です。

つま先重心、胸張り姿勢になることで骨盤は前方変位し、

そのバランスを取る代償として、膝が伸びきってしまいます。

そうなると、膝関節へ過剰な負担がかかり、

軟骨がすり減りやすくなり、痛みが出る原因にもなります。

そして、反張膝の原因のひとつでもあります。

また、股関節前側の関節、筋(大腿直筋、大腰筋など)がその状態で固定されるので、

股関節の屈曲可動域も失われます。

 

もう一つの要因として、身体の使い方があります。

変形性膝関節症の方の中で、初期症状の段階で、

普段歩いているときは痛くないけど、階段を上る時に痛みが出るなどの局所的な場面で

痛みを生じるケースがあります。

 

そういうケースで痛む場合は、

上体が立ちすぎて、膝が前に出てしまい、

膝関節中心の動きになってしまっているケースが多いです。

 

そうなると、膝関節が過剰に動き、身体の中心から遠ざかってしまうため、

重力、体重の負荷が膝へ過剰にかかってしまいます。

階段では、段差があることで平坦な道よりも膝が前に出やすい場面になります。

前足に体重がかかりやすくなりますので、

上体が起き上がっていると膝が前に出やすくなり、

前の太もも(大腿四頭筋)の張り、痛みを感じやすくなり、

関節への負荷も大きいので、変形性膝関節症になりやすいですし、進行も早いです。

 

これらを解決するには、まずはつま先重心、胸張り姿勢を辞めることです。

背中(胸椎)を丸めて、踵重心にすることで、

立位姿勢での膝への負担を軽減し、

股関節がスタックされないので股関節も動かしやすくなります。

 

そして、階段を上る時は若干上体を倒すことです。

上体を倒すことで股関節が屈曲しやすくなります。

上体を倒し、股関節(お尻を)を引いて階段を上ることで、

膝関節の過剰な屈曲を防ぐことができます。

そうすると、股関節中心の動きになり、膝への負担を減らすことができます。

 

姿勢、動かし方に気を付けながら生活していただくと、

変形性膝関節症になりにくく、進行も防ぎやすくなりますよ✨

ぜひ、試してみてください。

 

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー