ブログ

【意外⁉】背中を丸めると内臓が元気になります

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesisトレーナーの角谷(かどたに)です。

 

今回は、背中を丸めると内臓が元気になるについてです!

 

ソース画像を表示

 

食事をするとき背筋を伸ばして姿勢を正して食べなさいって言われませんでした?

そうしないとご飯が消化されないなど、そういった理由で背筋を伸ばしなさいと

言われることも多かったのではないのでしょうか。

 

ですが、背筋を伸ばす姿勢にすることで内臓機能が落ちてしまうんですよね。

ということは消化能力が落ちてしまい、太りやすくなってしまいます。

 

動物は背すじを伸ばしてエサを食べませんよね?

例えば、動物でゴリラやパンダがエサを食べるときに座って食べていますが、

背すじを伸ばして食べることはありません。

人間も同じです。自然に座ると背中は丸くなるはずです。

背中を丸めることで副交感神経が優位になり、内臓の血流がアップし、

内臓機能が上がることを身体はわかっているんですね。

 

逆に背筋を伸ばす姿勢にすると、

交感神経が優位になり、内臓の血流が悪くなります。

 

また、背中を丸めることで呼吸がしやすくなり横隔膜の動きもよくなります。

横隔膜が呼吸と共に内臓に適度な刺激を与えてくれます。

 

内臓は横隔膜の動きと共に上下方向に動いたり、回旋したりします。

横隔膜は大腸と連携していて、通常の呼吸では3センチほど、

深呼吸では10センチほど動くとされ、

それだけ横隔膜の動きが内臓に刺激を与えているのがわかります。

 

逆に背すじを伸ばしてしまうと、内臓同士の間にスペースが生まれ、

横隔膜が上下動しても内臓同士が刺激しあうことがなくなるので、

内臓機能も落ちてしまいます。

それと内臓の間のスペースに間質液というむくみの原因になるものが

溜まってしまい、内臓刺激が入らないので滞留してしまい、

お腹、顔、足など身体全体がむくみやすくなります。

 

じゃあ、どういう姿勢で座れば良いのか?

背中を丸めて、骨盤の上に石を積むようなイメージで肋骨を上に乗せる。

そうすると自然と腹腔がつぶれ、内臓の隙間が埋まります。

この座り方がオススメです。

 

この座り方は食事のみならず、デスクワークなどでもオススメです。

疲れにくく、身体が痛くならない座り方です。

しっかり背もたれに腰かけて、背中を丸めて楽に座りましょう♪

 

 

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー