ブログ

【みんな勘違い】体幹トレーニングの真実

こんにちは!
名古屋の姿勢・動作改善パーソナルトレーナー
日本で唯一の「姿勢改善士」
そして裏健康情報暴露人の
宮奥 丞です。

 

 

 

 

 

 

今回のテーマは、

 

 

 

体幹トレーニングの真実

 

 

 

 

です。

体幹トレーニングの細かいところの解説とかではなく

世間一般的に語られている体幹トレーニングの考え方に対する

ちょっとした愚痴というか提言みたいな感じの内容ですw

 

 

 

 

 

 

みなさんは、

「体幹トレーニング」ってどんなイメージですか?

なんかプランクとか、

TRXとか使って地味にキープする系の種目のイメージでしょうか?

 

 

というか、

ほとんどそんな感じのイメージですよねw

ここ5年くらいで、姿勢や腰痛、機能改善において、

体幹トレーニングの重要性が説かれ始めてから、

なんだか猫も杓子も「体幹大事!体幹大事!」と言ってますが、

僕は、

「体幹への刺激だけ考えたらプランクとかよりもっとマシな種目あるぜ」

って思ってます。

 

 

 

 

 

 

というのも、

実はこれらプランクやTRXなどの「ザ・体幹トレーニング」よりも、

王道のスクワットやデッドリフトのような種目の方が、

体幹筋群の筋力発揮が大きいんですよね!

プランクなどのザ・体幹トレーニングの種目は

ほとんどが「自体重のみ」の負荷で行う種目です。

なので負荷も軽いし、基本的にキープ系の種目が多いので、

負荷のかかり方も体幹の特定の部位だけに集中しやすいです。
(それが狙いであれば何も悪くないです)

一方でスクワットやデッドリフトでは、

扱う重量は自体重よりも遙かに重いです。

スクワットではバーベル(重り)を担いで、

バランスを取りながら屈伸運動を遂行しますから、

体幹筋群が否が応でも発火して、

安定を作ることで、腰など構造的に弱い部位を守ります。

デッドリフトもそうです。

腰を守るために、下からバーベルを引き上げるときに

お腹にバンバンに力が入ります。

そう、つまり「負荷」がケタ違いに違ううえに、

スクワットやデッドリフトなどはお腹に負荷を加えた上で、

多くの関節を動かすという複合的な運動をしています。

なので、プランクやTRXよりも、

スクワットやデッドリフトの方が全身性の運動なので、

より複合的に、体幹全体に強い刺激が入るわけです。

なのでみなさん、

「体幹トレーニングやりたい!」

って思ったら、スクワットとかデッドリフトしましょう♪

ただ動かずにお腹へ刺激が入るような種目では無く、

複合的に関節を動かす中で体幹へ強い刺激が入り続けるので、

まさしく「機能的かつ高負荷な最強の体幹トレーニング」ですからね笑

 

 

もちろん、じゃあプランクやTRXがダメなのか?というと

そうゆうわけではありません。

体幹への刺激の強弱だけを考えた場合、

スクワットやデッドリフトに軍配が上がるというだけで、

運動初心者の方などはそもそもスクワットやデッドリフトが

のっけからキレイかつ安全に出来るはずありませんから、

段階を踏んで、プランク→スクワットなどに移行していくと良いでしょう!

それにプランクもTRXも目的に応じて処方すれば超効果的ですから、

一概にダメな種目とは言えませんね(当然ながらですがw)

とはいえ、「体幹トレーニング」のイメージが

プランクなどの自体重種目ばかりに偏るのはどうかと思うので、

何度も言いますが、

「スクワット、デッドリフトこそ最強の体幹トレーニング」

ということ、みなさん覚えておいて下さね~!m(__)m

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しくトレーニングや姿勢改善のコツを知りたい!
宮奥のトレーニングやセミナーを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

「 名古屋で姿勢と動作の改善なら、” 姿勢改善士 ” 宮奥 丞 」

~トレーニング・セミナーの申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー