ブログ

【あんま気にしない】姿勢における左右差について

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesis代表の宮奥 丞(名古屋の姿勢改善士)です。

 

 

 

今回は

 

 

姿勢における左右差について

 

 

書いていこうかと思います。

 

 

過去にも書いたことがあるかもしれませんが、

リライトというかたちでご容赦くださいませm(__)m

さて、姿勢を前から評価したときに、

 

「あ、右の肩の方が左より数㎝下がっていますね~」

 

とか、あると思います。

これ、実際に皆さんどこまで気にしますか??

と言うのも、肩の左右差や、骨盤の高さの左右差など、

「特に痛みとか、動作不良がないんだよね」

って場合が結構あるんですよ。

この場合、本人が、その左右差をどこまで気にするのか?によって、

行っていくアプローチが変わってくるんですよね。

例えば、

 

「痛みとか動作不良がないけど、なんか左右差があるな。」

 

って場合は、ぶっちゃけ、

本人が治す気が無ければ放置でも良いと思います。

こうゆう風に書くと色々言われそうですが(笑)

そもそも、人体って左右差があって普通なんですよ。

臓器配置がそもそも左右差がありまくりですよね?
(心臓の位置:やや左、肝臓の位置:右、、、など)

 

 

すると、当然ながら体重のかけ方なども、

キレイに真ん中でズドンとおさまる訳でもないんですよね。
(実際、肝臓の配置に影響され、右荷重になりやすいことが多い)

そこを考慮しても、たかが数ミリ、1~2㎝の肩の左右差を、

特に運動性や機能性のエラーがないにもかかわらず、ちょこまか修正するのは、

現実的ではないのかなと思いますm(__)m

もちろん、これはトレーナー視点も入っていますので、

本人がどう感じているかに依存すると思います。

どうしても、「この左右差を治したい!」という場合は、

運動性や機能性のエラーがなくとも、左右の筋バランスの調整や、

骨格矯正などを行っても良いと思います。

ただ、何度も言うようですが、

人体は、左右差があって然りです。

完璧に左右対称な人間など存在しないです。

ですので、痛みや動作不良がない場合は、

「左右差が多少あるくらいが自然」と割り切っても良いのではないでしょうか?

詳しい内容は、YouTubeでも語っています↓

 

 

ただし、

運動性にも機能性にも何らかのエラーが生じている場合の左右差は、

治すべき対象ですのでご注意を!!

その場合は、ぜひお近くの専門家を頼るのもオススメですよ(^.^)

もし名古屋でそういった姿勢のお悩みを解決したければ、

ぜひ、パーソナルジムKinesisをお選び下さいね!

気になる方は、当ジムの初回体験へお越し下さい(^.^)

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー