ブログ

  • トップ
  • その他
  • 【衝撃】子どもたちの骨折が急増しているみたいです。

【衝撃】子どもたちの骨折が急増しているみたいです。

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesisトレーナーの角谷(かどたに)です。

 

今回は、子どもたちの骨折が急増しているです!

 

ソース画像を表示

 

近年、子どもたちの骨折が急増しているみたいです。

子どもたちのロコモティブシンドロームは何年か前から騒がれてはいますが、

特に2020年を境に子どもたちの骨折が増えているみたいです。

最近は某ウイルスの感染対策などという名目で、

外で遊ぶ子供が減り、口を布で覆われ、過剰な殺菌を強いられています。

 

これらの影響により、骨が弱くなり骨折が増えているらしいのです。

鬼ごっこ中に転んで骨折したり、自転車から落ちて骨折(これは打ちどころによる)、疲労骨折など

そんなことで骨折?と思うようなことが起きています。

 

若い人の骨が、転んだだけで折れる。

まるで骨粗鬆症みたいな状態になっています。

 

なぜそのようなことが起きているのか?

もちろん食事なども関係してきますが、

ここ近年でさらに骨折を加速させている出来事として、

先ほども言いましたが、

 

・外で遊ぶ機会の減少

・布を口で覆っている

・過剰な殺菌

 

これらによるものが大きいと考えられます。

 

外で遊ぶ機会の減少により、

太陽に浴びることが少なくなります。

そうなると、太陽に浴びることでできるビタミンDの生成が身体の中でできないので、

骨が脆くなってしまいます。

 

次に、布で口を覆っているとどうなるか

低酸素になることで、骨が破壊されやすくなります。

というのも、破骨細胞は体の中でも特に酸素が薄いところに存在し、

布により、酸素が減ると身体の中が低酸素状態になり、

破骨細胞が増えてしまいます。

破壊が促進され、再生が追い付かないので骨が脆くなります。

 

次に、過剰な殺菌による骨折増加です。

最近では、腸内細菌叢に由来する酪酸が骨形成に関わっていることがわかっています。
(腸内細菌叢に由来する酪酸が宿主の骨形成に由来する)

現代では過剰な殺菌、消毒により、腸内細菌は殺されてしまいます。

 

現代の過剰な殺菌、消毒は皮膚に付着している常在菌まで殺してしまいます。

人の身体は弱アルカリ性ですが、皮膚は乳酸や有機酸、脂肪酸などにより、

弱酸性となります。

ですが、消毒などで常在菌が殺菌されてしまうことにより、

弱アルカリ性になってしまい、悪玉菌が発生しやすい環境を作ってしまいます。

逆に免疫が弱くなってしまうということですね。

 

皮膚もそうですが、食べ物もそうです。

保存料や人工甘味料は腸内フローラを悪化させると言われています。

特に、ソルビン酸、安息香酸、プロピオン酸、ポリリジンなどは

雑菌の繁殖を抑え、食品の腐敗を防ぐ目的で使用されていますが、

腸内細菌の数を増やさないといった、腸内細菌叢(腸内フローラ)への影響があると思われます。

砂糖も腸内環境を悪化させる食べ物の一つですが、

人工甘味料も腸内細菌のバランスを崩すので注意しましょう。

 

いかがだったでしょうか?

現代では、昔ではありえなかったことがたくさん起きています。

今回のテーマである子どもの骨折の急増だけでなく、

膠原病(自己免疫疾患、アレルギー)、慢性疾患、脳血管疾患、

心臓病、ガン、鬱病などの精神疾患。

病気以外だと障害児の数、不妊など

たくさん増えていますよね。

そういうことが増えている事実というのを目の当たりにして、

今までと何が違うんだろうとか、昔と今ってどう変わったのかなどを

紐解いていくとだんだんと見えてくるものがあります。

便利な世の中にはなってきましたが、

便利すぎるのもよくないですね。

皆さんも便利な世の中に染まりすぎないようにしましょう👍

 

 

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

★ 現在、初回体験¥1,000キャンペーン実施中♪
詳細は、「コチラ」!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー