ブログ

【避けては通れない】姿勢改善が全ての筋トレにマストな理由

こんにちは!
名古屋の姿勢・動作改善パーソナルトレーナー
日本で唯一の「姿勢改善士」
そして裏健康情報暴露人の
宮奥 丞です。

 

 

 

 

 

今回のテーマは、

 

 

 

姿勢改善が、全ての筋トレでマストな理由

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

 

筋トレする目的は人によって様々だと思います。

 

「筋肉をデカくしたい」
「痩せたい」
「動きをよくしたい」

 

…などが一般的でしょうか。

しかし、これら全ての目的を達成するためには、

「姿勢改善」がマストで必要になってくるのです。

皆さんは、

なぜ姿勢改善が、全ての筋トレにおいて避けては通れない道なのかを

説明することができますでしょうか??

今日はそんなお話です。

 

 

 

 

 

 

・「姿勢」とは「動き」のモトである

 

筋肉のデカさや、痩せやすさなどに、

「姿勢」は密接に関係してきます。

たとえば、

デスクワークばかりで猫背姿勢が定着している人が、

悪い姿勢のまま筋トレすると、どうなるでしょうか?

 

 

ほぼ間違いなく、

ケガするか、効果でないかのどっちかです。

なぜなら、

悪い姿勢=悪い関節動作を引き起こし、

正しく効率的なフォームでの筋トレが不可能になるからです。

たとえば、、、

猫背の場合は、

胸が張れずに、常に胸部が潰れているような姿勢になっていますよね?

この場合、

ベンチプレスなどの胸のトレーニングを行って、

正しく関節運動ができるでしょうか?

 

 

…おそらく、できません。

胸張れないので、肩や腕などのいらぬ部位に緊張を生み、

 

「胸を使った気がしない」
「肩がすごく痛い」

 

といったエラーパターンになりやすいのです。

 

 

 

このように、

姿勢の悪さは、動作の悪さ。

まず姿勢治さないことには、良いトレーニングなどできないのです。

 

 

 

 

 

 

・良い姿勢=良い関節動作=良い体のモト

 

前述のように、

姿勢を正せば良い動作が手に入り、

良い動作の獲得ができれば、良いトレーニングが積めるようになるのです。

もちろん個人差あります。

が、しかし、

大抵のトレーニングでの非効率、ケガなどは、

元を正せば「崩れた姿勢・動作」をほったらかして、

無理矢理に我流で鍛えてしまっていたから…というのがめちゃ多いんです。

だからこそ、

姿勢を正し、動作を改善し、良いトレーニングにつなげることが重要なのです。

関節が大きくなめらかに動けば、

その分関節の可動域や、筋肉の可動範囲が増えて消費エネルギーも増大し、

運動効率も上がって痩せやすさも向上します。

もちろん、

動けるようになると言うことは機能的にも体が良くなると言うことです。

良いことしかありません。

逆に崩れた姿勢・動作をほっといて鍛えることは、

ほぼ悪いことしか起こりません。

さて、これをお読みになった皆さん。

ここまで言ってももまだ、

姿勢や動作を気にもせずに筋トレするなんてこと

…まさかしませんよね??笑

姿勢を正し、正しく鍛えよう!♪

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しくトレーニングや姿勢改善のコツを知りたい!
宮奥のトレーニングやセミナーを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

「 名古屋で姿勢と動作の改善なら、” 姿勢改善士 ” 宮奥 丞 」

~トレーニング・セミナーの申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー