ブログ

【肺も老化する】呼吸で肺を柔軟にして免疫力アップ

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesisトレーナーの角谷(かどたに)です。

 

今回は、肺を柔軟にして免疫力アップについてです!

 

ソース画像を表示

 

近年、肺炎でお亡くなりになる高齢の方が多いですよね。

ガンがもちろん一番多いのですが、

肺炎も死因の上位に入ってくる恐ろしい病気のひとつです。

 

肺炎が起こる原因として、ウイルスや細菌による肺胞の炎症です。

炎症が起こると腫れ、そして膨張します。

そして、十分な栄養素が行かなくなり、肺細胞は死んでしまい線維化します。

それがレントゲンでは白い影として映るんですね。

 

肺胞細胞が線維化してしまうと、硬くなってしまって、

空気が入りにくくなります。

それで、呼吸が苦しいという症状が出て、酸素が足りなくなり、

酸欠状態から死に至ります。

 

ウイルスや細菌に感染したとき、炎症を防ぎ、

免疫力を高めて、無症状化するには、

普段から肺の細胞を膨張させないようにさせましょう!

そうすることで、肺の老化を防ぎ肺炎や感染症になりにくくなる方法のひとつです。

 

その方法が、、、。

 

しっかりと息を吐き切ることです。

息をしっかり吐き切ることで、肺の柔軟性が増します。

 

肺のみならず、肋骨の柔軟性も増すので、

くびれも作りやすいですし、姿勢もよくなるし、内臓機能の向上などいいことずくしです。

 

現代の方はしっかりと息を吐けない方が多いので、

肺が硬くなりがちです。

そして、年齢を重ねていくと老化が進行し、細胞の線維化により、

肺の柔軟性が失われ、息を吐き切ることが難しくなっていきます。

 

普段からしっかり息を吐き切ることで、肺の循環が良くなり、

咳による肺胞のダメージが軽減し、肺が傷つきにくくなります。

肺の柔軟性を上げておくことで肺の線維化を防ぐことができるので、

肺炎にもなりにくいです

 

背すじをピンとしている人は、横隔膜、肋骨が開いて硬くなっているので、

息を吐き切ることが難しいです。

リラックスして、背中を丸めることで息が吐きやすくなります。

そうすることで、肺も元気になるし、普段の生活も楽になりますよ✨

ぜひ、やってみてください✊

 

 

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー