ブログ

【老化を促進⁉】腔が拡がることで老けてしまいます。

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesisトレーナーの角谷(かどたに)です。

 

今回は、腔が拡がることで老けてしまうについてです!

 

ダイエット効果はなし、腰痛には逆効果になることも!? 腹筋トレーニングについての“決定的な勘違い”とは | 文春オンライン

 

皆さん、なるべく老けたくないですよね?

若いときはそんなことを思いもしないと思いますが、

だんだん年齢を重ねていくと老けたくない、老化をなるべく抑えたいと思うわけです。

 

そのために高い化粧品を買ったり、抗酸化物質の食品を摂取したり、

エステに通ったりと努力をするわけなのですが、

その土台が整っていないと効果が出にくいんです。

その土台とは、、、やはり姿勢になります。

 

皆さん、「腔」というものをご存じでしょうか?

当ジムのブログでも散々出てくる「腔」ですが、

「口腔」「胸腔」「腹腔」と身体の中にある空間の事を指します。

 

口の中の空間口腔

心臓、肺がある空間胸腔

胃や腸などがある空間腹腔

と言います。

 

そして、日本人は立腰教育の影響で、背筋を伸ばして、胸を張るが定着しているので、

この「腔」と言われる部分が拡がってしまっています。

 

*主にこのブログでは腹腔、胸腔の事を「腔」として紹介します。

背筋を伸ばして、胸を張る状態だと腔が広がってしまい、

横隔膜が常に伸びた状態になります。

 

横隔膜が伸びた状態ですと、横隔膜の動きが悪くなります。

外から見ると、胴体が膨張して見えますし、

1回の呼吸で肺に入れる空気量が減るため、充分酸素が入らなくなり、
(吸うのは得意だが、吐けないため浅い呼吸になる。)

肩を上げて足りない分の呼吸をします。

そうすると首が短くなり、より胴体が大きく見えて身体が太って見えます。

 

また、横隔膜の動きが悪化することで、

内臓への刺激が減り、内臓がむくみやすくなります。

すると、手、足、顔の方までむくみます。

こうした内臓機能の低下により、内臓と神経支配で直結している肌は、

老化の一途をたどってしまいます。

 

腔を拡げるということは、内臓機能、美容面にも影響が出てしまいます。

 

そうならないためにも、“背中を丸めることで腔を拡げない”ようにすることです。

内臓や神経、血管が圧迫されるんじゃないの?

って疑問に思う方もいると思いますが、

そんなことはなく、内臓は適切に刺激され内臓機能が良くなりますし、

神経、血管は並走しており、縦方向の圧の時には圧迫されません。

むしろ血管に至っては、縮んで血管が拡がって血流が良くなります。

なので、良いことしかありません。

 

普段の姿勢も「腔」を意識しましょう。

目指せ若返り!

 

 

 

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー