ブログ

【イライラを改善】感情の乱れも姿勢から

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesisトレーナーの角谷(かどたに)です。

 

今回は、イライラを改善!感情の乱れも姿勢からについてです!

 

あなたが「イライラしやすいかわかる」7つの質問|怒りやすい人がやっている最悪の選択とは | Domani

 

今の時代、ストレス社会と言われる世の中です。

ストレスが溜まってイライラしたり、感情の起伏が激しくなったり、

ちょっとしたことですぐキレたり、クレーマー体質、誹謗中傷etc…。

ニュースなどを見ていると感情をコントロールできない人が増えてきているなという印象です。

 

それに姿勢が関係しているとしたら皆さん気になりませんか?

 

イライラしているときは交感神経が優位になっている状態です。

深呼吸をすれば少し楽になるというのは理にかなっています。

深呼吸をすると、自律神経が交感神経から副交感神経優位になる状態になるので、

気持ちが落ち着くと言われています。

 

人は緊張するとき、ストレスを感じているときに交感神経優位になりやすく

緊張、ストレスを感じると背筋が自然と伸びやすくなるのですが、

それ以外にも、現代人は立腰教育の影響が色濃く残っていて、

背筋を伸ばして、胸を張る姿勢が良い姿勢だと子供のころから言われてきました。

なので、そんな姿勢をとっているので、交感神経が常に優位になり、

ストレスを感じる局面で、交感神経優位の姿勢の状態から、

交感神経優位になる局面を迎えるので、

さらにストレスを感じイライラしやすくなってしまう。

というわけです。

 

そのためにも、

“背中を丸める”というのが重要なのです。

 

背中を丸めることで、筋肉が脱力し、身体が楽になります。

背筋を伸ばし、胸を張っていた姿勢により、

可動性が失われていた横隔膜などの呼吸筋の動きが良くなり、

呼吸がしやすくなります。

 

背中を丸める+呼吸が深くなるということで、

副交感神経が優位になりやすいです。

そうすると、心身ともにリラックスし、

ストレスを感じにくくなります。

 

そして、イライラすることで不調を招きやすい身体になります。

交感神経優位の状態から、呼吸は浅くなり、血液、体液の循環も悪くなります。

副交感神経の時に内臓機能は活発になるので、

交感神経優位になると内臓の働きも悪くなり、

多くの不調を引き起こします。

 

現代病は、イライラやストレスからの原因不明の病気が多いです。
(慢性疾患や鬱、自律神経失調症、不眠症など)

イライラは自律神経のバランスを乱し、身体のさまざまな循環を滞らせてしまいます。

イライラは百害あって一利なしです。

ですが、自律神経がすべて悪!というわけではなく、

運動するときは交感神経、

普段の生活や休む時は副交感神経と自律神経もバランスが大事なのです。

ですが、現代人は交感経優位な方が圧倒的に多いです。

そのバランスを保つためにも、背中を丸くして、

ストレスを感じにくく、イライラしない身体になりましょう!

 

 

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー