ブログ

【ほぼこれ】足首曲がらない人の原因

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesis代表の宮奥 丞(名古屋の姿勢改善士)です。

 

 

 

今回は

 

 

 

足首が曲がらない人の原因

 

 

 

です。

早速、その足首が曲がらない原因を申し上げますと、

 

「距骨の位置がずれているから」

 

というのが、原因と言えます。

まあ、細かく言えば、

じゃあなんで骨がずれたのか?ってとこまで

掘り下げるのが「原因究明」なんですが、今回は便宜上省略m(__)m

話を戻しまして、

「距骨」。

聞いたことありますか??

おそらく、整体師や施術家でないとピンとこないワードですよね?

距骨は、足首の中の骨で、

「筋の付着を持たない骨」と言われております。

この距骨が、前外方変位してしまうことで、

足首(距腿関節)の曲がる動き(背屈)が制限されるのです。

距骨は、扁平足&外反母趾の場合、確実に前外方へ変位しますから、

扁平足を引き起こすO、X、XO脚では前外方変位しやすくなります。

 

 

上の写真のように、

距骨は上部の大腿骨と関節(距腿関節)を構成しています。

大腿骨側が凹で、距骨が凸みたいな関係性となります。

正常では、足首が曲がる動き(距腿関節の背屈)の際は、

大腿骨の凹に、距骨が後方へ滑り込んでくれないといけません。

ですが、先ほど申し上げましたように、

何らかの理由で、この距骨が前外方へ引き出されてしまいますと、

曲げようとしても距骨が大腿骨の関節面で衝突するので、

後方スペースへ滑り込めなくなります。

 

 

これが原因で、足首が曲がらなくなるのです(^_^;)

慢性的に足首が硬く曲がらない人は、十中八九、これが原因ですね。

もちろん、これ「だけ」が原因な訳ではないです。

筋肉かもしれないし、神経かもしれないし、

それらが組み合わさった上での距骨の原因なのかも知れません。

とはいえ他の原因は数あれど、

ほぼこの「距骨の前外方変位」は、共通で生じて、

足首の曲げづらさを生んでいると言えるでしょう。

ですので、当ジムでは、

このようなケースの場合は、まず距骨の後方変位操作をしまして、
※徒手施術で実施することが多いです。

そこから運動(お客様自身で動いて距骨を正常位置へ誘導)していきます。

まずは「整えて、鍛える」ということですね♪

足首の硬さを改善したいという方は、ぜひ「距骨」の存在を覚えておいて下さい。

もし、本気で足首の硬さを改善したいという場合は、

ぜひ当ジムの初回体験へお越し下さい(^.^)

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

★ 現在、初回体験¥1,000キャンペーン実施中 ★
キャンペーンの詳細は →→ 「コチラ」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー