ブログ

【正直に告白します】こんなトレーナーは選ぶな

こんにちは!
名古屋の姿勢・動作改善パーソナルトレーナー
日本で唯一の「姿勢改善士」
そして裏健康情報暴露人の
宮奥 丞です。

 

 

 

 

 

今回のテーマは、

 

 

 

こんなトレーナーは選ぶな

 

 

 

ってことで、

決して同業批判ではありませんが、

 

「こうゆう特徴を持ったトレーナーにかかるのは止めとけ」

 

っていうお話をしていきます。

今現在、トレーナーつけようか悩んでいらっしゃる方、

もうすでにトレーナーつけてて手遅れの方も(笑)

ぜひ最後まで読んでみて下さいm(__)m

 

 

 

 

僕自身もトレーナーとして活動していますので、

経験則、憶測で色々な「ヤバイトレーナー」の話を耳にします。

お客様だったり、同業者だったりから、

それはもう色々と(笑)

で、そんな色々いる「ヤバイトレーナー」の共通点というのがいくつかあったので

それを以下にまとめてみました。

 

 

✔ 自分の感覚に頼った指導しかしない(非論理的指導)
✔ 無理矢理に体験後に契約させようとする
✔ 自分自身で体を鍛えていない(お腹出ている、見本のフォームが下手等)
✔ アフターケア全くしない(質問の受けつけなど)
✔ めちゃくちゃ威圧的な態度

 

 

さて、いかがでしょうか?

文字に起こしただけでも嫌なトレーナーだというのがヒシヒシ感じられますね(笑)

もちろん、全てにおいて悪いとかは思いません。

上記のケースであっても、トレーナー業とは、しょせんは個人対個人。

そのお客様が納得していれば、外野がやんやいう義理はないのです。

が、しかし、

そうはいってもこんなトレーナーは多くの方が不快に思うことでしょう。

 

 

 

1つめの感覚頼りトレーナーは、コンテスト出身のトレーナーに多いです。

すいません、かなりバイアスかかったように聞こえますけど事実なので明言します。

要は、

自分自身がトレーニーであり、その延長線上でトレーナー名乗ってるから、

解剖学や生理学、バイオメカニクスや栄養学などなど…

トレーナーに不可欠な知識を勉強していないということです。

だから、

「こうすればキツくて、効いてる感じがするんですよ」

とかの曖昧な表現の指導しかできないということです。

 

 

 

2つめは、

お客様のことより自分のお財布の方が大事だと思っているトレーナーです。

だから、無理矢理にでも契約させると言うことですね。

 

 

 

3つめは、論外。(笑)

 

 

 

4つめは、まあトレーナーによりけりなのでしょうが、
(サービス。料金形態によるってことです)

僕自身はあってしかるべきと思うのです。

だって考えてみて下さい。

パーソナルトレーニングって週1~2回なわけですよ。

それだけで体が効率的に変わるか?と言われれば、正直難しいわけです。

であれば、

「パーソナルトレーニング以外の日々」

の過ごし方の方が、超大事じゃないですか?

そこのケアをしない限り、その方の根本的な部分のサポート(つまり食事など)

って、ちゃんとできているとは言いがたい、と僕は思うのです。

 

 

 

最後の5つめは、これも先ほど書いたように個人差はある部分ですね。

もしかすると威圧的な指導を好むお客様もいらっしゃると思います。

とはいえこれも多くの方は好ましく思わない態度ですよね。

 

 

 

なのでこれら5つの共通点を併せ持つトレーナーは、

基本的に選ばない方が良い。
(というか5つも当てはまるようなトレーナーは今すぐ辞めろ…笑)

5つ全て持って無くても、3~4つくらい持ってたらかなりヤバめ。

という感じでしょうか(あくまで個人的見解です)。

結論言えば、これらに当てはまらない良さげなトレーナーであっても、

お客様個人個人によっては、合わない場合ももちろんありますから、

これが全てのケースを網羅している訳ではありません。

とはいえ、1つの物差しにはなるのではないでしょうか?

さて、これからトレーナーをつけようと思っていらっしゃる方、

今回の内容が参考になれば幸いですm(__)m

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しくトレーニングや姿勢改善のコツを知りたい!
宮奥のトレーニングやセミナーを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

「 名古屋で姿勢と動作の改善なら、” 姿勢改善士 ” 宮奥 丞 」

~トレーニング・セミナーの申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー