ブログ

【根本の根本】健康を守るのは自分ですよ?

こんにちは!
名古屋の姿勢・動作改善パーソナルトレーナー
日本で唯一の「姿勢改善士」
そして裏健康情報暴露人の
宮奥 丞です。

 

 

 

 

 

今回のテーマは、

 

 

 

健康を守るのは自分ですよ?

 

 

 

 

について。

現在は医療技術が発達し、多くの方が寿命が延び、

おおかた80~90歳くらいまでは生きられる時代になりました。

昨今では、

 

「人生100年時代だからこそ○○…」

 

みたいなキャッチフレーズの保険やら医療サービスやらのCM目立ちますよね?

こうゆう世の中となった今、

 

「あ、自分たちは100年も生きられるのか、、良い時代に生きているなあ。。」

 

と思うことでしょう。

しかし、

このような時代だからこその落とし穴が潜んでいるのです。

…というお話です。

 

 

 

 

 

 

・そもそもの日本の医療の現状

 

日本は西洋医学技術の発達で世界でも有数の長寿国となりました。

が、誰しもが健康的に余生を過ごせているかどうか?とは別問題なのです。

「健康寿命」というワードを聞いたことがお有りでしょうか?

これは、平均寿命から要介護や入院漬けの年数を引いた年数のこと。

つまり要約すれば、

 

「どれだけ自分の力で動き、人の手を借りずに健康的に生きれたか?」

 

の指標と言えるでしょう。

実はこの数値は、

日本が世界で一番最悪と言われているのです。

 

 

この図を見れば明らかですが、

男女ともにおよそ10年ほどの平均寿命との差が見受けられます。

この「10年」は、生きてはいるが自分の力ではなく、

病院などで治療を受けながらの延命

さらには要介護で介護施設などに入っている状態での時間

がそのまま換算されています。

この10年を、短いと感じるか長いと感じるかは、

個人個人の問題でしょうが、

お世辞にも、日本は、

「健康的に、長生きできる国」ではありません。

 

 

 

 

 

 

・さて、真の「健康」ってなんでしょう?

 

現在の医療状況は、

「予防医学が発達せずに、対症療法が発達しすぎた結果」

といえるでしょう。

でなければ、

こんなに平均寿命と健康寿命に差はできませんからね。

そこで、これからの時代に個人レベルで考えなければいけない

「健康」とはなんでしょうか??

そこに目を向けなければ、

自立した余生など待ってるはずがありません。

さあ、もったいぶってもアレなので、結論を言うと、

「予防」

です。

まあ普通に考えればたどり着く回答ですね(普通でスイマセン・・)

ここを1人1人が意識しないとダメだと思うのです。

つまり食事、運動、睡眠、環境、人間関係、などなど

実は体の健康において関連する因子はたくさんあるんです。

それぞれの細かな情報に関しては、

僕のYoutubeやら過去のブログ、インスタやらを参照いただくとして、

病気になる前の段階が超重要だよ

ってことですね!

みなさん、なんでもかんでも、

 

「悪くなれば病院行けばなんとかしてくれる」
「とりあえず病院通ってれば安心だわ」

 

みたいな心持ちになってはいませんか?

その気持ち、かなりやばいですよ!

病院は対症療法ですから、

結果のみにアプローチする場所であって、

原因を特定し、根本解決させるのが得意な場所ではありません。

もっとも根源にある「原因」を見つけ、改善できるのは、

何あろう「自分自身」なのですから。

みなさん、もっと「自分で健康を守る」意識、つけてください。

病院に頼るとか、専門家に頼るのは、

一時的であれば良いですが、慢性的にずっとは「依存」ですからね。

 

「健康は、授けられるものではなく、自分自身で作り、守るもの」

 

さ、このブログを読んでくれたみなさんが、より健やかな明日を過ごせますように♪

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しくトレーニングや姿勢改善のコツを知りたい!
宮奥のトレーニングやセミナーを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

「 名古屋で姿勢と動作の改善なら、” 姿勢改善士 ” 宮奥 丞 」

~トレーニング・セミナーの申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー