ブログ

【意外⁉】脂質制限のデメリット

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesisトレーナーの角谷(かどたに)です。

 

今回は、脂質制限のデメリットについてです!

 

 

植物油植物油背景に注ぐ - 食用油のストックフォトや画像を多数ご用意 - iStock

 

脂質は太りやすくなるし、病気になりやすいからという理由で、

脂質制限ダイエットを行っている方も多いのではないのでしょうか?

確かに脂質は炭水化物、タンパク質に比べて1gのカロリーが多いです。

炭水化物、炭水化物は1gのカロリーは4kcalに比べて

脂質は9kcalになります。

カロリーで見ると高い脂質ですが、

脂質も身体を構成する大切な栄養素です。

 

脂質制限をするメリットももちろんあります。

カロリーが減るので必然と痩せるということです。

糖質制限ほどではありませんが、緩やかに体重減少が起きます。

あとは、生活習慣病(肥満、脂肪肝や高脂血症、脂質が原因による血管系疾患の方など)

の方は脂質を控えめな食事にする上で効果的です。

もちろん、そういう方は食べ過ぎや粗悪なものを食べていることが多いので、

脂質だけでなく全体的な食事な見直しが必要です。

 

ですが、病気もなく、見た目的に太っていない方が行う必要性はありません。

脂質制限というよりは、脂質の質+脂質を適度な摂取をすることが大事です。

 

脂質制限ダイエットのデメリット

・栄養不足になりやすい

脂質もタンパク質同様に身体を構成する成分です。

細胞膜の生成や、神経の構成成分、ビタミンの運搬、肌や髪の潤いを作ります。

脂質を過剰に制限してしまうと栄養不足になってしまい、

皮膚の乾燥、神経伝達物質の障害などを引き起こします。

 

・脂溶性ビタミンの吸収効率の低下

上記にもありますが、脂質がビタミンの運搬に関わっており、

特にビタミンA,D,E,Kなどの脂溶性ビタミンの吸収効率が下がります。

これらのビタミンは脂質に溶けやすいビタミンで、

脂質と一緒に摂るとより効果的ですし、一定量の脂質摂取が無いと、

いくらビタミンを摂っても吸収されません。

 

・ホルモンバランスの乱れ

脂質、特にコレステロールはホルモンを作る材料となります。

脂質を制限しすぎると、

生理不順、睡眠障害、ニキビ、記憶力低下、消化器系の問題、倦怠感、

気分のムラ、鬱、食欲増加、性欲低下

など様々な不調を招きます。

 

これらデメリットを考えると、

脂質を摂取することの身体に対するメリットは大きいわけです。

脂質の量を制限というよりは、脂質の質を選び適度に取ることが重要です。

現代は外食での油(サラダ油、キャノーラ油)などのオメガ6だったり、

お菓子や菓子パンなどに含まれるマーガリンなどのトランス脂肪酸

などの油は避けた方が良いでしょう。

トランス脂肪酸は人工物なのでもちろん避けた方が良いですが、

オメガ6の摂りすぎは身体の中で炎症を起こしてしまうので

摂取を控えめにしましょう。

 

そして、炎症作用のあるオメガ6(サラダ油、キャノーラ油)の割合を抑え

こめ油、オリーブオイルやえごま油、亜麻仁油などの

炎症抑制作用もあるオメガ3,9を増やすことで、

脂質をバランスよく摂取しましょう。

 

 

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー