ブログ

【ご容赦下さい】西洋医学で慢性痛が治らない根本理由

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・動作改善パーソナルジム
Kinesis代表の宮奥 丞(名古屋の姿勢改善士)です。

 

 

さて、今回のテーマは

 

 

 

西洋医学で慢性痛が治らない根本理由

 

 

 

です。

ああ… また方々から怒られそうな内容だ(笑)

先に言っておきますが、

敵を作りたいわけではありません!!

西洋医学を全否定したいわけでもないです!(笑)

医療関係者の皆様、どうかご容赦下さい…m(__)m

今回は、

 

あくまでも「慢性痛」治すのに、

西洋医学がそもそもお門違いじゃね??

 

って話なんです。

腰痛や肩こりが慢性化したら、

多くの方は整形外科に行ったりするかと思います。

 

 

 

それで、明確に原因が判明し、

根本的に(つまり二度とその悩みで来院しなくなること)治るということが

実際どれくらい起こるのか?と考えたことはありますか?

実は、病院にかかった腰痛患者のおよそ85%が、

「原因が分からない」と言わている現状なのです。

 

猫背のイメージ画像

 

このような、西洋医学で説明が出来ない腰痛は、

「非特異性腰痛」などと呼称します。

この事実を知ったあなたは、

慢性腰痛になったとき、

安心して西洋医学の病院にかかろうと思えますでしょうか?

まあ人それぞれかとは思いますが、

多くの方は、いぶかしむことでしょう。

ですが、

これはなにも西洋医学が悪いと言うことではないのです。

慢性痛治療が、西洋医学が専門外のケースだから仕方ないのです。

医学の派閥は多数ありますが、

大きく分ければ

東洋医学西洋医学

という二大ジャンルになるかと思います。

ここでしっかり知っておいて欲しいのは、

どちらにも、

得意不得意なジャンルがあると言うことなのです。

 

・東洋医学:機能異常を扱う医学。外見的には問題が無いが、
症状が出ているなどの場合、東洋医学での治療が有効。鍼やお灸、
漢方、食事療法(薬膳)など

 

・西洋医学:形態異常を扱う医学。外見的に異常が見られる場合、
または救急の場合、西洋医学での治療が有効。外科手術や投薬療法など
※ここでの西洋医学とは主に西洋近代医学を指します。

 

以上のように、それぞれで役割が異なります。

とはいえ、細かく言えば歴史が圧倒的に違うので、

東洋医学の方が、

古来より日本では全ての病態や症状を見ていたとも言えます。

それはさておき、

要は、

 

「見た目に異常が無いのに症状が出てるとき = 東洋医学」

「見た目に異常がありありの症状が出てるとき = 西洋医学」

 

とカンタンに言えますね。
(細かく言えばもっとあります。あくまで簡単な分類です)

ここで「慢性痛」を考え直してみましょう。

慢性痛は、

まず「形態異常」「機能異常」か?

を考えなければいけません。

そうすると、

慢性痛は、「機能異常」です。

これが急性の痛みとなれば、

西洋医学が応用されるべきかもしれません。

ですが、慢性痛であれば、

これまでの生活習慣などをこじらせにこじらせた結果、

症状として表れるものなので、

これは明らかに「機能異常」と言えるでしょう。

なので、機能異常の慢性痛患者に、

レントゲンやらCT通しても異常が探せないのは、

ある意味当然のことなのです。

だって、

「形態異常」じゃなく「機能異常」ですから(*^。^*)

ここまでで、もうお分かりですよね??

なんで、西洋医学では慢性痛が治らないかが。

 

… それは、

 

「機能異常なのに、形態異常の検査をしているので、
痛みの原因をそもそも探せようはずがないから」

 

なのですね。

この現実があるからこそ、

腰痛で病院行っても8割が原因不明と言われてしまうのです。

なので西洋医学の医師も大変です。

だって、自分の専門外のケースなのに、

患者さんがたくさん来るのですから(笑)

しかし、

現実問題、多くの整形外科では、

「腰痛外来」が設立されていますよね。

もちろん、「慢性」腰痛の外来でなければ、

西洋医学でこそ対応できるであろう急性腰痛や、

慢性でも、痛みの所在が画像所見などで明らかな腰痛など
(腰椎すべり症、腰椎分離症など)

これらは、西洋医学で救われる可能性が高いはずです。

しかし、画像所見でも分からない慢性腰痛は、

ハッキリ言って、

西洋医学の腰痛外来などにかかっている限り、
根本改善の見込みはかなり低いでしょう。

これは、

西洋医学が悪だからと言いたいのではなく、
(もちろん治せないと知ってて診てる整形外科とかもあるので一概には言えません♪)

患者側(利用者側)が知らなければいけないのです。

 

「症状や病態にあった医療機関や施設を選ぶこと。」

 

これが、

治してもらう側のやるべきことであると言えます!

ちなみに、

慢性痛の場合、どういった施設を選ぶのが理想的か?

と言いますと…

 

正しい関節運動や基本動作を教えてくれる施設や、
生活習慣などにも原因があるかどうか目を向けてくれる施設

 

であると言えるでしょう♪

機能異常から来る慢性痛は、

自分自身が「動き = 運動や動作」を改善しない限りは、

根本改善&再発予防は難しいですm(__)m

もし、

「慢性痛を運動を通して根本改善したい」という方は、

お気軽に「お問い合わせ」から当ジムまでご連絡下さいm(__)m

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー