ブログ

【関係あり】姿勢と胃下垂の関係性

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesis代表の宮奥 丞(名古屋の姿勢改善士)です。

 

 

 

今回は

 

 

姿勢と胃下垂の関係性について

 

 

書いていこうかと思います。

胃下垂と言えば、

「お腹の筋肉が足りないから消化器が落ちてしまう!」

というイメージかと思います。

これ、たしかに間違いではないのですが、

実は、姿勢とも関係しているんです!

結論から言えば、

「前傾姿勢」になっていると、胃下垂になりやすいと言うことが言えます。

はい。うちではおなじみの「前傾姿勢」。

とにかく治すべき最悪な姿勢ですが、

※詳しくは↓↓

 

 

この前傾姿勢が、胃下垂に繋がりやすいと言うことなんです。

なぜ、前傾姿勢によって胃下垂が起こるのかと言いますと、

まず、前傾姿勢は、

腹腔を増大&伸長させる特徴があると言うことを知らなければいけません。

前傾=身体重心の前傾ですから、当然、お腹側に伸ばされるようなストレスがかかります。

すると、腹腔(内臓や消化器の入るスペースのこと)が縦長に増大&伸長します。

 

 

これが、オープン・シザース・シンドロームという状態を生むのです。

オープン・シザース・シンドロームは、横隔膜と骨盤底の向かい合う面が、

正常位置である並行位置から逸脱した状態のことです。

 

 

これだと、腹腔内圧が正常に腹腔内にかからずに、内蔵や消化器の配置が安定しません。

それどころか、内臓や消化器への適切な圧刺激がかからないために、

内臓機能や消化機能の低下に繋がってしまうのです。

これが前傾姿勢によって胃下垂になってしまう背景となります。

みなさんも、胃下垂を治すには姿勢から!という視点も持ち合わせてみて下さいね♪

もし、胃下垂を姿勢から改善したい!という場合は、

ぜひ、パーソナルジムKinesisをお選び下さいね!

気になる方は、当ジムの初回体験へお越し下さい(^.^)

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー