ブログ

【超密接】姿勢と舌との関連

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・動作改善パーソナルジム
Kinesis代表の宮奥 丞(名古屋の姿勢改善士)です。

 

 

 

今回は、

 

 

姿勢と舌との関連

 

 

についてお話ししていきます♪

知らない方からすると、

姿勢と舌が関係してるだなんて思えないかもしれません。

ですが、

舌がちゃんと機能していないと、

姿勢が崩れ、スウェイバックやフラットバックなどの

不良姿勢が導かれてしまうのです!

 

 

 

 

 

 

・姿勢が悪い人の舌は「落ちている」

 

首が前に突き出たHFP(ヘッド・フォワード・ポスチャー)

という姿勢があります。

直訳すれば「頭部前方変位」の姿勢のことですが、

スウェイバックやフラットバック姿勢は、

ご多分に漏れずこのHFPが多いです。

 

 

この姿勢の方は、実は、

舌が落ちています。

そもそも通常では、

脱力時、舌は口蓋(口の上蓋の部位)に張り付くように位置します。

 

 

 

これが、本来の舌の正常位置となるわけですが、

口呼吸や、幼少期からの咀嚼数不足などが要因で、

口がポカーンと開いてしまうことで、

舌が口蓋から落ちてそのままになってしまいます(低位舌)。

 

 

 

 

 

 

・舌が落ちていると頭部を支持できない

 

さて、前述のように、

不良姿勢(スウェイバック等)の人たちは、

多くの場合、舌が落ちているということが分かりました。

次に、その状態だと姿勢にどう関連するのか?

というところになるのですが…

結論から言えば、

 

「舌が持つ頭部支持機能が喪失し、
頭部が前方変位しやすくなる」

 

ということになります。

舌が上顎骨(つまり口蓋部)に付着することで、

舌を通じて頭部の位置情報を把握しやすくなり、

立位姿勢制御に関与することが分かっています。
→  参照論文:「舌位と立位姿勢制御」 

つまり、

舌が正常な位置にない(舌が落ちている)人は、

この運動器としての、

「舌」の頭部保持機能が使えないため、

頭部の位置情報を把握しづらくなり、

頭部前方変位に陥りやすいというわけなのです(..;)

 

 

 

 

 

 

 

・姿勢改善には「舌」を上に付ける

 

以上から、

舌が姿勢制御に重要な役割を担っていることが

お分かりいただけたかと思います。

特に舌が落ちやすい口呼吸の人は、

姿勢も悪くなりやすい or すでに不良姿勢

と言うことが言えるでしょう(..;)

理想は、無意識的に舌が口蓋へ付くことなのですが、

低位舌の人はそれができないから低位舌なので、

まずは意識して舌を上顎(細かくは上の歯の裏付近)

に付けるようにしてみましょう♪

そうすると、頭部の位置を感じ取りやすくなって、

頭部のズレからくる姿勢のズレも制御しやすくなるはず!

名古屋で姿勢改善&疼痛改善を根本的に行いたい方、

ぜひお気軽に「お問い合わせ」からご連絡下さいm(__)m

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー