ブログ

【意外?】美尻の条件は背中の丸み

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesis代表の宮奥 丞(名古屋の姿勢改善士)です。

 

 

 

今回のテーマは

 

 

美尻の条件は背中の丸み

 

 

についてです。

よく、ヒップアップについてのご要望はうちでもたくさんいただくのですが、

ヒップアップと聞くと、皆さん背中を反って、

腰を反ってお尻を後方へ突き出す姿勢を強調されます。

 

 

もちろん、ベストボディジャパンやフィジークの大会に出る際は、

「ポージング」として一時的に臀部や脚部を強調させることは重要です。

問題なのは、その「ポーズ」を、

普段取る「姿勢」と混同してしまっているケースです。

美尻を意識するがあまり、意識したすがたかたちを筋緊張で固めてしまうのです。

このような間違った美尻ポーズを定着させてしまうと、反り腰&脊柱過伸展が定着し、

交感神経優位が常態化することで慢性痛増大、ホルモン分泌異常などが引き起こされてしまいます。

しかも、美尻のポージングとは、長い目で見れば関節の構造を破壊する側面があるどころか、

実はお尻を上げる(ヒップアップ)ことも阻害してしまうのです。

これが、今回表題に挙げた部分のお話です。

美尻を、健康的に(つまり筋緊張なく)作りたければ、

背中を丸くする必要があるというのが、今回伝えたい内容なのです。

まず、ヒトの背骨には生理的弯曲というS字カーブが存在します。

 

 

これが崩れた瞬間、ヒトには慢性痛や内分泌異常といった緊急事態が起こるのです。

これについては過去の記事でもさんざん主張してきましたので詳細は割愛します。

で、ここに美尻が絡んでくるのです。

お尻を持ち上げるには、この生理的弯曲を基にしないとダメなのです。

平坦な背骨の下に、いくらお尻の筋のボリュームを増やしたところで、

上半身との相対比で見てもお尻の隆起は目立ちません。

 

 

これだと、女性特有の曲線美が崩れてしまいますよね。

ではなく、生理的弯曲を維持したまま、お尻のボリュームを増やすのです。

 

 

そうすれば、上の写真のように、

美しい曲線美の下に、お尻の隆起が現れるため、

女性らしいボディラインを崩すことなくボディメイクできるのです。

トレーニングに励まれている美尻女子の皆様も、

今回の記事を参考にして、「背中を丸める意識」をつけていきましょう。

そのうえで、お尻のトレーニングをしていただけるとよろしいかと思います。

もし、プロの下で姿勢も正しつつ、

女性らしい曲線美を維持したままヒップアップをしたい方は、

ぜひ、当ジムの初回体験へお越しくださいませm(__)m

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー