ブログ

【常識を覆す?】猫背改善で背中反ってはいけない

こんにちは!
名古屋の姿勢・動作改善パーソナルトレーナー
日本で唯一の「姿勢改善士」
そして裏健康情報暴露人の
宮奥 丞です。

 

 

 

 

 

今回のテーマは、

 

 

猫背改善で背中反ってはいけない

 

 

 

です。

猫背では、背中は反ってはいけない、

むしろ、背中を丸めろ。

というと、

 

「え、背中丸まってるから猫背なのに反っちゃダメなんすか?」
「なにバカなこと言ってんだこいつ…勉強してんのか?」

 

と、色々と聞こえて来そうな感じがします…(..;)

ですが、既存の猫背改善のステレオタイプとなっている、

「猫背改善には胸椎伸展かつ肩甲骨内転&下制誘導で胸を張ってせすじピン!」

を、疑って欲しいなと、思っています。

ではでは、気になる詳しいところのお話、はじめますm(__)m

 

 

 

 

 

 

・そもそもの猫背の定義

 

皆さんは、猫背ってそんな状態のことを言うかご存じですか??

猫背とは…

「胸椎の過剰な後弯が起きている状態のことを指す」

というのが、定義になります。

つまり、背中の中でも上背部(腰よりも上)のみに着目して、

そこが過剰に丸まっていないかどうか?が猫背か否かの判断基準になります。

ちなみに、

 

 

こちらの写真の女性は、皆さんは猫背だと思いますでしょうか?

正解は、猫背ではありません。

この方の場合は、胸椎の後弯が実はないのです。

丸まっているように見えるのは、頸椎~胸椎の移行部です。

そこから下の部位の胸椎~腰椎は平坦化もしくは過伸展しているのです。

 

 

 

 

 

 

・つまり現在の日本人の猫背とは…

 

前述の内容から、

現在の日本人の多くが訴える猫背とは、

「首猫背」なんですね♪

定義に当てはまる正真正銘の「猫背」はなかなかいないんですよね(..;)

要は、この場合の猫背の場合は、

胸椎の丸まりがないせいで、首が前に出すぎて全体の調和が崩れていますから、

まずは丸まるようなアプローチをしないとダメだと言うことなのです!

ここで最初に言った

「猫背では背中を丸めろ」

がお分かりいただけるかと思いますm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

・猫背では、丸まりましょう!

 

結論、多くの現代日本人の猫背というのは、

実は背中が丸まっているのではなく、平坦化もしくは反っています!

なので元来の「猫背では胸張って肩甲骨寄せて!」の指導が

実は逆効果のことが多いですよってお話でした♪

皆さん、ぜひ覚えておいて下さいね!

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しくトレーニングや姿勢改善のコツを知りたい!
宮奥のトレーニングやセミナーを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

「 名古屋で姿勢と動作の改善なら、” 姿勢改善士 ” 宮奥 丞 」

~トレーニング・セミナーの申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー