ブログ

【どっち?】デッドリフトは押す種目?引く種目?

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesis代表の宮奥 丞(名古屋の姿勢改善士)です。

 

 

 

今回は

 

 

デッドリフトは押す種目?引く種目?

 

 

についてです。

筋トレには様々な分類がありますが、

重量をどのように扱って移動させるか?によって分類した場合は、

「プル種目=引く種目」

「プレス種目=押す種目」

という分類があります。

実例で言えば、プル種目はラットプルダウンやシーテッドロウイング。

プレス種目はベンチプレスやレッグプレスですね。

では、「デッドリフト」は?

 

 

プルでしょうか、プレスでしょうか?

答えは、

「プレス種目」

です。

え?バーは下から上へ引き上がっているからプル種目じゃないのかって?

いいえ。

実は、足が床を「押す」ことによる動力でバーが上へ移動するだけで、

引く要素が主になってはいない関節運動なんです。

ですから、デッドリフトは

「下半身のプレス種目=押す種目」

という分類になるのが妥当です。
※動員される部位はかなり全身的ですが。

 

 

もちろん、じゃあトップサイドなら多少は引く要素あるだろう!

とか、そうゆう重箱の隅つつきは置いておきます(笑)

デッドリフトもスクワットもそうですが、

「いかに床を押せるか」がパフォーマンス決定因子として大きいのです♪

このように、皆さんも、

1つ1つのエクササイズの実態をよく考察してから実施されると、

より良い効果を引き出せるはずですよ(⌒∇⌒)

もし、プロの下でしっかり機能的にデッドリフトを鍛えたい!

という方は、ぜひ当ジムの初回体験へお越しください!

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー