ブログ

【効果的】50肩で後ろに手を回せない方へ

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesisトレーナーの角谷(かどたに)です。

 

今回は、50肩で後ろに手を回せない方へのストレッチについてです!

 

肩甲骨(けんこうこつ)まわりが痛いのはなぜ?原因と対処法を解説 | がんばるあなたに。疲れの情報局 | アリナミン

 

50肩になると後ろに手を回せない方多いですよね?

そんな時に効果的なストレッチを紹介しようと思います。

 

まず、セルフチェックとして、後ろに手を回した時にどこまで行くかを見ます。

そのチェックでどこまで上がるか分かったら、ここからストレッチ開始です。

 

1,峰、肩の後ろにひっかけて前に引き出しましょう。

2、逆の手で肩峰、肩の後ろにひっかけて前に引き出します。
(手でひっかけて肩を前へ引っ張り出す感じ)

3,後ろに回している手は、親指を上にして身体に沿わせながら上へ上げていきます。

上げれるところまで上げていただいたら、

5秒間上で止めていただいて、最初の位置へ戻します。

これを3セット行いましょう。

 

ある程度痛みは伴うのですが、腱板断裂の時などはNGです。

 

このストレッチが効果がある人の特徴として、

・後面の関節包が硬くなっている人

・インピンジメントがある方
(肘を伸ばして後ろに回すのは肩峰を内旋してこすれたり、挟まないため)

・肩甲骨に対して上腕骨が前にシフトする
(上腕骨が前に出すぎてしまうため、肩峰を前に持ってきて、後ろの関節包を確実に伸ばすため)

 

この効果を引き出すポイントとして、

・身体に沿わせて背中に持っていく
(痛い人はそもそも離して持っていけない)

・肩甲骨を逆手で前に出し続ける

・硬い人は肘を伸ばしたままストレッチ

以上となります。

 

経験上、この内旋ストレッチを重ねていくうちに

後ろに手を回せるようになる方が増えました。

出来ない方は伸ばしたまま始めていただいて、

そこから肘を少しずつ曲げながら上げていきましょう。

これを繰り返していくうちに後ろに手を回せるようになっていきます。

ぜひ、やってみてください!

 

 

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー