ブログ

【私見満載】ここまでのコロナ渦、総括

こんにちは!
名古屋の姿勢・動作改善パーソナルトレーナー
日本で唯一の「姿勢改善士」
そして裏健康情報暴露人の
宮奥 丞です。

 

 

 

 

さて、今回のテーマは、

 

 

 

ここまでのコロナ渦の総括

 

 

 

 

です。

完全に私見ですがね笑

とはいえ、

やはり健康産業に携わる人間として

言いたいことを書いていこうかと思います。

先に弁明させて下さい。

読むと不快感感じる方がいらっしゃるかもしれません(笑)

それは読めば分かります↓↓

 

 

 

緊急事態宣言が5月末まで延長が決まって、

外出自粛(笑)ステイホーム(笑)がさらに強要される中、

割と危惧してたことがどんどん明るみになってきたかと思います。

まず、私刑の増加。

いわゆる「自粛警察」ってやつですかね?

この言葉もどうかと思うのですが、

これもまた、人間のあくどい本質が見え透いてきた極地かなと感じます。

これについては、ただの情弱になってしまった迷惑な方々によって

苦しい中営業されている事業者の方が被害に遭われているということで

まさにご愁傷様です以外の何者でもありません。

そもそも自粛なんて罰則ないし「お願い」以上でも以下でもないので、

勝手な正義感で店に危害加える方が捕まれって話ですね♪

まあこうゆうアホは何言っても聞かないのでマジで迷惑千万。

僕も含め、事業者の皆様、

気をつけていきましょうm(__)m

 

 

 

 

そして、コロナの実態について。

そもそもはインフルエンザなんかよりも弱いウイルスであることは

以前のブログでも少し触れましたが、、

 

※以前のブログはコチラ→「コロナに備え、免疫を高める方法」

 

どうせこんなこと言おうが、

メディアや芸能人のプロパガンダに踊らされた多数派には白い目されるだけでしたね、、、

話を戻して、

5/9時点で、

日本国内では累計感染者数15,628

死亡者数601となっています。

で、この死者数ですが、

日本は人口比で考えても決して多くないです。

 

※AFP公式から引用

 

ご覧のように、

日本よりも人口が少ない国(特に欧州)は、

死者数がデータ上で非常に多くなっています。

まあこれは実は突っ込みどころ満載なので信憑性もくそもありませんがね。。。

そもそも海外のコロナ死者数は、

多くがインフルエンザその他呼吸疾患ですでに重症となった患者、

ひいては人工呼吸器導入による自立呼吸機能の低下の患者などで

コロナ死者カウント数が右肩上がりに増えているのです。

というか欧州はロックダウン(都市封鎖)してるのもあって、

余計に破滅へと進んでいるというオチも付いています((T_T))

もちろん欧州は陸続きなので感染しやすいというのはさておき、

この欧州のコロナ死者数が改ざんまみれなので信憑性はないでしょう。

むしろ前述のロックダウンでの免疫機能低下による死者数の方が今後多くなるかと。

まあ自立度低下もあるし、家にずっといることで加工食品食いまくるし、

運動が減るので身体機能は急激に低下するし、

生活するのに経済活動できないので、心身ともにゆとりなくなるし、

実は家ずっといる方が不健康極まりないという笑えない状態。

もはや監獄より最悪な状況ですが、

これがさらに長引けばコロナで死ぬよりも死者数増えそうなのは明白ですね笑

 

 

 

 

話戻して、

今度は日本国内に限ったコロナ死亡者数の年代別統計を見ると、

 

※東洋経済オンラインから引用

 

60代以降圧倒的に増えています。

つまり、

若い方は重症化もせずに治り、

高齢の方であればあるほど、お亡くなりになりやすい。

どこからどう見ても、

統計的には既知のインフルエンザ、マイコプラズマなどと同じような物でしょう。

ちなみに2018年は

インフルエンザで3000名以上が亡くなっています。

だれかコロナよりインフルエンザはやく終息させてくれ笑
(まあウイルスと戦うとかそもそも生物学的に不可能かつおかしい)

 

※president公式から引用

 

もちろん、コロナとインフルちゃんが

「同じ症状の病気」になるなんて一言も言いません。

別のウイルスなのは当然ですが、

さしあたりメディアが言うほど怖くないのです。

まあメディアなんてコロナこわいこわい言うだけで儲かるんで、

当たり前ですけど、

 

「実は雑魚のウイルスでした!」

 

なんて言うわけないですね(笑)

 

 

 

 

また、新規感染者数推移ですが、

 

※東洋経済オンラインから引用

 

こちらは減少傾向です。

これもまた信用なりませんが、PCR検査自体の件数および人数が

都市部と地方での差が大きいのでそもそも統計的な信憑性なんてあるのやらどうやら。

それはさておき、結局は見せかけの統計データ見ても、

まあ言うほどの殺傷力はないですよ。

もちろん、高齢者層においては別枠にする必要はありますが、

 

「高齢者亡くなってるんやしやっぱ危険じゃない!」

 

っていうんなら上のデータくらいは見て下さいって話です。

そんな言うなら、

旧型コロナもSARSも新型インフルももっと騒いどいてくれないと、

感染者数、死亡率、症状の進捗、基礎疾患等の相関など辻褄合わないので。。。

インフルエンザでご老人が亡くなるのは毎年普通に起こることです。

そりゃ自然の摂理に反してなければ当然でしょうに。

それをコロナにだけ針小棒大に取り上げてる現状に疑問を持つべきです。

長くなりましたが、

言ってしまえば、統計的にも症状的にも、

メディア、政府、既得権益層、御用学者云々が煽るよりも今回のコロナは雑魚です。

 

 

 

 

で、次に経済面について。

トレーナーですが、これは切っては切り離せませんね♪

コロナにより、多くの事業者が休業か、短縮営業状態です。

しかも、5/31まで(おそらく長引かせようとさらに政府は言ってくる)

この間、多くの事業者は無給です。

まあもう国からすれば、

これで力尽きるくらいの事業者は死ねって言ってるような物。

まあ公務員や大企業役員じゃないかぎり、

おおよその国民が打撃食らってるはずです。

僕も少なからずそれに当てはまるでしょう。

 

※帝国データバンクより引用

 

そして倒産は、全国で5/8時点で125件です。

どうせこれも見せかけだけでもっと多いかもしれませんね。

さて、

しきりにステイホームしてみなさんお過ごしかと思いますが、

先ほどまでの雑魚ウイルス(言葉汚いw)コワイコワイ詐欺にあって、

皆さんはステイホーム(笑)で何を失ったと思いますか?

人とのつながり、お金、客、運動機会、自己免疫力、心身のゆとり、、

なんか人間らしさごっそり抜かれてませんか??

要はさっきもちょろっと言いましたが、

今の状態って「監獄」いるようなもんなのですよ。

いや、もっとひどいかもしれません。

 

「営業するな、けど補償はせんぞ」

「営業しても良いけど短縮しろ、損失は補償せんけどな」

 

これふつうに上が言ってきてるんですからたまったもんじゃないですよね(笑)

結局は政府って改めて金持ちしか救わないんだと皆さん気づきましょう。

自○党なんて大企業役員、公務員などの国債保有してる「上級国民」しか相手しませんから。

その他大多数の庶民は「奴隷」だと思ってるんで期待したらダメですね。

このあたりの話はもうトレーナーの枠超えちゃってるからここまでだけど(笑)

要は、

こんな状況望んでるのも間接的には国民なのだと思い知らされましたっていうオチです。

僕自身、

今回の一貫したコロナ詐欺を総括して思うのは、

心底、

国民って自覚と責任ないんだなということです。

気分害すようならすいません。

けどウソはつきたくないのでこう表現しています。

僕も含め、ニホンジンは「奴隷」みたいなものです。

国やTVが

 

「ころな怖いんだぞ!」

 

言うたら、

 

「たしかにころなこわい!すていほーむ!」

 

言うて右向け右する従順な奴隷が大多数だったことを再確認できました。

悔しいですが受け入れましょう。

僕自身も無力すぎますが、

もっと嫌われてもいいので、
(これ以上嫌われるとかもう仙人レベルw)

このように聞こえが悪いかもしれませんが、

言いづらいけれど、

知っておいてほしい情報や考え方を、

皆様に共有させていただきたく思います。

僕の意見、考えが絶対なんてみじんも思っていませんので、

あくまでも、

 

「あ、こうゆうやつのこうゆう意見もあるのね」

 

って感じでチェックしていただければそれでいいです。

ということで、コロナ渦の総括。

 

 

 

「雑魚ウイルスにびびらずに外出ろ外!✊」

 

 

 

ステイホームがヤバイ根拠も近々もっと詳しくまとめて発信しようかと思っていますので、

皆様ぜひブログチェックお願いしますm(__)m

Youtubeもよろしくね!!

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しくトレーニングや姿勢改善のコツを知りたい!
宮奥のトレーニングやセミナーを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

「 名古屋で姿勢と動作の改善なら、” 姿勢改善士 ” 宮奥 丞 」

~トレーニング・セミナーの申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー