ブログ

【甘味料の罠】ダイエットコーラは健康的か?

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・動作改善パーソナルジム
Kinesis代表の宮奥 丞(名古屋の姿勢改善士)です。

 

 

 

今回は、

 

 

ダイエットコーラは健康的か?

 

 

についてです。

 

「健康を気にしてダイエットコーラ飲んでます!」

 

と、よく聞きますが、

本当に、

そのコーラが健康的だと思って飲んでいるのでしょうか?

 

 

もしそうだとしたら、

大きな勘違いだと言えるでしょう。

名前が「ダイエットコーラ」なんだから、

そんなに身体に悪いわけが無いだろう!

と、思ってしまうものですが、

なぜダイエットコーラが健康的とは言えないのか?

そこを細かく解説していきたいと思いますm(__)m

 

 

 

 

 

 

・なぜ甘いのに「カロリーゼロ」なのか

 

ダイエットコーラ飲んだことある方は分かると思いますが、

「カロリーゼロ」なのに、甘いですよね?

疑問に思いませんか?

「砂糖入って無いのに、なんでちゃんと甘いの?」

って。

その答えは、

砂糖の代わりに人工甘味料を使用しているからです。

 

 

 

 

 

 

・人工甘味料とはなにか

 

人工甘味料とは、

その名の通り、

人工的に生成された甘味料のことです。

主に流通しているものでは

 

・アスパルテーム
・サッカリン
・スクラロース
・ネオテーム
・アセスルファムK

 

等が代表的です。

これらの多くは、

実は農薬や薬品の研究中に偶然発明されたものです。

※アスパルテーム:胃薬ガストリン研究中に偶然発明
※スクラロース:大学での殺虫剤の研究中に偶然発見(諸説あり)

で、皆さんが思っている以上に多くの商品に、

これら人工甘味料は使われています。

テーマにも書いたダイエットコーラなんてまさにそうですし、

「カロリーゼロ」をうたうほぼ全ての商品、

のど飴やガム、ミンティア等の清涼菓子、

ノンアルコール飲料(特にカクテル系)、

これらはご多分に漏れず人工甘味料が満載です。

 

 

 

 

 

 

 

・人工甘味料の健康リスク

 

人工甘味料は、

「カロリーゼロだからダイエットに効果的」

と各メーカーは謳っていますが、

現に多くの健康リスクが指摘されています。

そもそも、上記のようなうたい文句だと、

みんなカロリーを気にせず食べ過ぎてしまう傾向にあるので、

どのみち過食となり、

痩せる目的からかけ離れてしまう可能性が高いです。

もちろん、こういった消費者側の心理的要素だけであれば、

まだかわいいものなのですが、

それ以外の中~長期的なリスクが多いのです。

 

・脳腫瘍の発症リスク(特にアスパルテーム)
・脳機能および知能の低下(特にアスパルテーム)
・胎児への糖代謝異常の遺伝的懸念(特にアセスルファムK)
・味覚鈍化および甘味依存性の増大(全ての甘味料)
・神経興奮毒性の慢性化(特にアスパルテーム)
・神経機能以上による鬱状態の誘発(全ての甘味料)
・インスリン分泌異常からの糖の過剰吸収による肥満(全ての甘味料)

 

以上の健康リスクが指摘されています。

特に最後のやつなんて、

「カロリーゼロ」なのに結果的に太りやすくなってしまうと言うオチです♪

これは多くの研究でも明らかになっていることなので事実と言えます。

もちろん、すべて過剰摂取した場合のリスクですので、

ごく少量であれば問題ないとされています。

しかし、これをずっと継続摂取していくと…?

慢性的に、何らかの形で

人工甘味料が身体を蝕むことに繋がるでしょう。

これらの指摘もまだ一部ですから、

人工甘味料が及ぼす人体への悪影響はまさに未知数と言えます。

また、まだ動物実験レベル中心での懸念ではありますが、

発がん性も人工甘味料にはあるのではないかと言われます。

例えばスクラロースの分子中には、

カルボキシル基の3つが塩素に置換されます。

 

 

炭素に塩素がくっついた物質を

オルガノクロライド(Organochloride)と呼びますが、

これは体内では「猛毒」として作用します。

体内では塩素が動脈硬化や発がん性を生むように働きます。

以上のようなリスクが懸念されていますが、

それでもあなたは人工甘味料を摂りたいと思いますか?

 

 

 

 

 

 

・なぜ人工甘味料は大流通したのか?

 

前述のような危険性が拭えない人工甘味料ですが、

なぜ今日に至るまでにここまで流通したのでしょうか?

それは「利権」「拝金主義」以外の何者でもありません。

 

 

メーカー側からすると、

「カロリーが無いのに甘いんですよ!」

と宣伝すれば、

多くの消費者が購入するのを分かっているので、

以上のようなリスクがあろうとも、

ダイエットコーラ含めた「カロリーゼロ」商品が大量に流通しているのです。

例えばアスパルテームなんかは、

まさに利権がらみで認可された甘味料なのです。

アスパルテームは前述のように胃薬の研究中に発明されました。

その研究を行っていたのは米・サール薬品社です。

 

 

このサールは、偶然発明できたアスパルテームを

商品化して流通させるために、

米国食品医薬品局(FDA)に1973年に承認要請するのですが、

安全性が不透明すぎるアスパルテームの認可をFDAは渋りました。

1976年のFDA側の報告資料には、

 

「サール社のアスパルテーム、その他の薬の研究は
あまり考えておらず、不正確な分析だ。」

 

とも記されており、

その後8年間の間、サールの研究結果の不正や隠蔽も重なり、

ずっと認可が下りない状況が続いていました。

それが、サールのトップが

ドナルド・ラムズフェルドになってから

潮目が変わります。

 

 

ラムズフェルドは、

それまではフォード大統領政権での国防長官でした。

と同時に、フォードからレーガン政権へ移行する際も

新政権設立メンバーとして政権中枢に残っていたのです。

この時に、ラムズフェルドは、

FDAの新局長にアーサー・ヘイズという人物を任命するのです。

 

 

(まあ、読んでお分かりのとおり、完全なる傀儡ですが笑)

すると、新局長のヘイズは、長年認可を渋っていた、

サールのアスパルテーム承認要請をあっさり認可したのです。

もちろんこれは偶然ではなく、

ラムズフェルドが政治的立場を利用した結果です♪

自社商品の承認を強引に推し量ったということなのです♪

このようにして、アスパルテームはいまや世界中に流通し、

「カロリーゼロ」の誘惑を人々に振りまき続けています。

要は、メーカーもそうですが、

結局は消費者が求めるから、危険性は軽視され、

販売され続けるのです。

メーカーだって、商品化しても消費者が買わなければ、

製造は中止するでしょうしね。

これだけ危険性が指摘されていてもメーカーが製造を続ける理由は、

何を隠そう、消費者が求めて購入しているからに他なりません☆

なので消費者側は、少しでも多くの情報を集め、

自分自身で納得した上で、購入するかどうか判断すること

が今の時代には特に必要になってきます。

たしかに人工甘味料の健康リスクは非常に多いですし、

仮に確定事項で無いとしても、こんなにも懸念材料が出ている時点で

安心安全の保証が無いのは確かなのです。

ですが、だからといって

食べるか、食べないか決めるのはあなた自身なのです。

自分で決めねばなりません。

その上で、判断材料の1つとして、

本記事が参考になるのなら幸いです☆

最後に、じゃあKinesisではお客様の食事アドバイスで

人工甘味料を含むダイエットコーラや、その他カロリーゼロ商品について

どのように言っているか?というと…

 

「出来る限り避けて下さい」

 

とお伝えしています♪

もし、カロリーゼロ商品や、

甘味料についてより詳しく知りたい方いらっしゃいましたら、

ぜひお気軽に「お問い合わせ」からご連絡下さいm(__)m

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー