ブログ

  • トップ
  • 栄養
  • 【視力、美肌の維持に不可欠】ビタミンAについて

【視力、美肌の維持に不可欠】ビタミンAについて

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesisトレーナーの角谷(かどたに)です。

 

今回は、ビタミンAについてです!

 

ソース画像を表示

 

ビタミンAは目に良い栄養素として有名ですが、

他にも、皮膚や粘膜の健康維持にも欠かせません。

美容で注目されるのはビタミンCなどの抗酸化ビタミンが注目されがちですが、

ビタミンAも美容に欠かせません。

 

ビタミンAとは、

レチノール、レチナール、レチノイン酸の総称であり、

脂溶性ビタミンのひとつです。

 

身体の中に入ったビタミンAは、体内で小腸から吸収され、

ほとんどは肝臓に蓄えられます。

その他は血液によって、肺、心臓、腎臓などに運ばれます。

 

そして、ビタミンAは、

動物性、植物性に分かれています。

 

動物性では、レチニルエステル

植物性には“プロビタミンA”として、

αカロテン、βカロテン、γカロテン、β‐クリプトキサンチン

といったカロテン類が含まれています。

(プロビタミンAとは…体内でレチノールに変換されてビタミンAとして働くものを、
プロビタミンAと呼びます。)

 

ビタミンAは種類によって効力にかなり差があり、

動物性のビタミンAの方が効率よく体内で利用されます。

 

ですが、摂りすぎるのはNGです。

なので、摂りすぎても害のない植物性のカロテン類から積極的に取るのがオススメです。

 

ビタミンAが欠乏すると、

 

・夜盲症
・乾燥眼炎
・感染に対する抵抗力の低下
・成長不良
・骨、歯の発育不良と変形
・皮膚と粘膜の角質化
・皮膚の異常乾燥と色素沈着
・性腺の変性退行

 

などがあります。

 

そして、逆に過剰に摂取してしまうと、

 

・脳圧亢進
・激しい頭痛(おもに後頭部)
・脱毛
・骨、四肢の痛み
・不安、易刺激性(不機嫌)
・吐き気や嘔吐
・肝機能障害
・疲労感
・奇形の発生
・食欲不振
・発疹
・下痢
・睡眠障害
・皮膚の荒れ、かゆみ、色素沈着
・めまい
・鼻血

 

などがあります。

肌にいいからと言って、

サプリメントや動物性のビタミンAを過剰に摂取すると、

過剰症になり、以上のような不調が起きてしまう可能性があります。

 

ビタミンAが豊富な食べ物

動物性食品では、

うなぎ、バター、ぎんだら、卵黄、チーズなどに多いです。

 

植物性食品では、

モロヘイヤ、ニンジン、ほうれん草などの緑黄色野菜に多いです。

 

動物性食品にはレチノールが多く含まれています。

緑黄色野菜などのカロテン類は色素成分でもあるため、植物性の食品の中でも、

色の濃い緑黄色野菜などの豊富な特徴があります。

 

摂取の目安としては以下のグラフをご参照ください。

性別や年齢によって摂取基準が変わってきます。

 

ソース画像を表示

厚生労働省”日本人の食事摂取基準報告書(2020年度版)”より引用

 

栄養価を逃さない食べ方のコツ

・レチノール類もカロチン類も、どちらかに偏らず両方ともバランスよく摂りましょう。

・脂溶性のカロテン類は体内に吸収されにくいので、加熱調理するなら油で炒めて食べましょう。

油に溶けることで吸収率がアップします。

・ウナギを食べるなら蒲焼きたけでなく、ビタミンAが豊富な肝も一緒に食べるのが良いでしょう。

 

いかがだったでしょうか?

目の健康や皮膚、粘膜、免疫などにも欠かせないビタミンA。

現代で普通に食事をしていると欠乏にはなりにくい栄養素のひとつになりました。

ですが、妊娠中などはさらに必要な栄養素になるので、積極的に摂取したい栄養素です。

サプリメントで摂取すると肝臓を傷めてしまうリスクがあるので、

自然なものから積極的に摂取しましょう👍

 

 

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

★ 現在、初回体験¥1,000キャンペーン実施中♪
詳細は、「コチラ」!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー