ブログ

  • トップ
  • 栄養
  • 【摂取しすぎたナトリウムを体外へ】カリウムについて

【摂取しすぎたナトリウムを体外へ】カリウムについて

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesisトレーナーの角谷(かどたに)です。

 

今回のテーマは、

カリウムについての解説

です。

 

ソース画像を表示

 

前回は、ナトリウムについて紹介しましたので、

ナトリウムとセットで理解しておきたいカリウムについて紹介します。

なぜカリウムが必要なのかの説明の前に、

ナトリウムを摂りすぎると何がいけないのかを説明します。

ナトリウムは塩の主成分であり、

ナトリウムが入った塩分は私たちの身近に主に調味料や加工食品などで存在します。

そして、現代人はその塩分を摂りすぎています。

ただし、この塩分の質というのが問題になってきます。

この我々が身近に摂っている塩というのが「精製塩」と呼ばれるものです。

この精製塩は、その組成の99%以上がナトリウムなので、

天然塩などには含まれているはずのミネラルがほとんど存在しないため、

ミネラル作用で、この高濃度のナトリウムが正常に中和されず、

血中のナトリウム濃度が異常に高くなり、その血液を薄めるために体内の水分が使われ、

循環血液量が増え、血管への圧力が増加して血圧が上がってしまうのです。

このような異常な高血圧が続くと、循環器系疾患のリスクが上がります。
(現代の高血圧の基準値は低すぎますが。)

より詳しくは、前回のナトリウムの回でもお伝えしましたので、

よろしければそちらも合わせてチェックしてみてください。

ここまでの理解があった上で、

なぜカリウムが重要なのか、というのを今から説明していきます。

 

 

 

カリウムの最も重要な役割とは、

摂りすぎたナトリウムを体外にスムーズに排除する作用

です。

カリウムはナトリウムとともに体内の水分量を調節するのですが、

腎臓においてナトリウムが血中に再吸収されるのを抑制する作用

があります。

つまり、ナトリウムが過剰にならないように拮抗作用を持つバランサーの役割です。

その作用によって、ナトリウム過剰で起こるとされる、

心血管疾患、脳卒中、冠動脈疾患などの循環器系の病気の予防につながります。

 

 

 

ここまでの話で、カリウムはナトリウムと共に、

体内の水分量調整にとても関与していて、

さらに、ナトリウムとの血中バランスも管理しているという事実が分かりました。

では、カリウムが不足してしまうと、どのような影響が起こるのでしょうか?

身近に感じる影響としては、

カリウムが相対的に不足し、ナトリウム過剰になると、

より、体内に過剰に塩分を取り込むように働き、

その塩分を薄めようとして体は水分をため込み始めます。

そうすると身体がむくみやすくなります。

もし、むくみが気になるという方は、

ナトリウムとカリウムのバランスが上手く取れていない可能性があるので、

ナトリウムの摂取を控える、もしくはカリウムの摂取を増やすなどして、

食事から改善していくことをオススメします。

そして、カリウムの不足により筋トレにも影響が出てきます。

カリウムは筋肉の弛緩に関わってきますので、

筋肉の伸び縮みが上手くいかず筋トレの効率も悪くなってきますので

注意しましょう。

では、ここで、カリウムが含まれる食材の紹介をしていきたいと思います。

 

・カリウムが豊富に含まれる食品

カリウムは野菜、果実、イモ、豆、藻類など多くの食品に含まれています。

特にひじき、ドライフルーツなどの乾物にはカリウムの成分が凝縮されているので、

効率よく摂取することが可能です。

 

・特にカリウムの多い食品

昆布、わかめ、ひじき、パセリ、ホウレンソウ、里芋、

バナナ、アボカド、納豆になります。

 

以上です。

どうしても現代人は、ナトリウムの摂取量が多くなってしまうことが多いので、

カリウムは、積極的に取りたい栄養素になります。

健康な人は摂りすぎても尿中に排出されるので、過剰症の心配はありませんし、

上記の食材などに豊富に含まれるため、食事のみで十分に補充できます。

ですが、腎機能が低下しているときは血中のカリウムを腎臓で尿中にうまく排出できないため、

出来るだけ摂取を控える、もしくは腎機能の低下の原因となっているものを控える
(塩分を控える、タンパク質を控える)

など、身近で出来ることから対策していきましょう。

 

塩分を摂取するときはカリウムと一緒に摂ることを意識しましょう!

 

 

 

 

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー