ブログ

【静的?動的?】運動前はどのストレッチが良いのか

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesisトレーナーの角谷(かどたに)です。

 

今回は、運動前はどのストレッチが良いのかについてです!

 

ソース画像を表示

 

 

運動前のストレッチってどんなのすればいいの?

って方多いと思います。

長くじわっと伸ばした方が良いとか、

反動付けて伸ばした方が良いとか、

色々な意見があると思います。

今回は運動の前にはどのストレッチがお勧めなのか

紹介していきます。

 

早速結論なのですが、

結論は、、、

身体の状態による!

という答えになります。

 

なんと曖昧な答えなのか(笑)

ですが、なぜその答えなのかを紹介します。

 

ストレッチの種類を簡単に説明します。

 

・静的ストレッチ

スタティックストレッチといい、

反動をつけずにゆっくりと筋肉を伸ばし、その状態でキープ

じわじわと筋肉を伸ばして、柔軟性を高めていくストレッチになります。

 

効果としては、

リラックス、柔軟性向上、血流が良くなる、ケガの予防などです。

 

・動的ストレッチ

ダイナミックバリスティックがあり、

 

ダイナミックストレッチは、

動作や反動をつけて行うストレッチ。

様々な方向に伸ばしたりと大きく動かしながら、

関節可動域を広げるストレッチになります。

 

効果としては、

心拍数を上げる、血流をよくする、関節可動域が広がり柔軟性向上、

ケガ予防などがあります。

 

バリスティックストレッチは、

反動をつけて瞬発的に筋肉を伸縮させて、

可動域を広げるストレッチです。

反動を使うので可動域を広げる効果は高いのですが、

身体が硬かったり、体温が上がっていないと、

筋肉や健の粘弾性が少ない状態であり、返って痛めてしまうリスクがあります。

 

効果としては、

関節可動域が広がることによる、柔軟性向上、

瞬発力が上がるなどです。

 

 

大体、この三種類のストレッチが主な代表格ですが、

 

特に運動前となると、

【動的ストレッチのダイナミックストレッチ】が僕は良いと思います。

 

動的ストレッチによって、柔軟性というよりかは関節の可動性、操作性

獲得でき、心拍数を上げて、体温を高めてくれて、

身体にスイッチを入れてくれるので動的ストレッチをお勧めしています。

 

 

もちろん、運動の種類にもよりますが、

より瞬発系を求められる運動だと、

バリスティックストレッチという風

に分けることも大事になってきます。
(関節可動域をしっかり獲得できている身体の状態が前提)

 

静的ストレッチを運動前にすると、柔軟性は上がるのですが、

運動時にその柔軟性があっても生かされない可能性があり、

ただ、弛緩しているだけで、緩みすぎて、

ケガのリスクが上がる可能性があります。

 

ですが、もちろん静的ストレッチが必要な人もいます。

関節可動域が狭すぎて、筋肉が硬すぎる場合は、

静的ストレッチで緩ませる必要があります。

少し時間はかかりますが、一旦静的ストレッチで緩ませてから、

その後徐々に活性を入れていく方がケガのリスクが下がり、

パフォーマンスも上がります。

 

 

可動域に問題がない人は、動的ストレッチ。

可動域に問題がある人は、静的ストレッチ+動的ストレッチ

という風に分けて行うのが良いでしょう。

 

ですが、一番は普段から静的ストレッチで可動域を広げておいて、

スポーツ前は動的ストレッチでスイッチを入れる。

という風にした方が一番良いです。

 

ストレッチを行う際の注意点としては、三つあり、

一つ目は、呼吸を止めないこと
(呼吸をすることで、酸素も行きわたり、血流もよくなり、筋肉も伸びやすくなるため)

二つ目は、無理をしないこと
(損傷するリスクがある。痛気持ちいいくらいでやめておく)

三つ目は、急激に反動を使って伸ばしすぎないことです。
(損傷するリスクがある)

などがあります。

これらに注意して、ストレッチを行ってください。

 

 

いかがだったでしょうか?

スポーツを始めた方、もしくはこれからスポーツを始めていく人もいれば、

学生さんでガンガンにスポーツをする方もいて、

社会人でたまの休日にスポーツをする方も最近増えてきており、

スポーツを楽しむためにもまずはケガのリスクを一番に考えて、

次にパフォーマンス向上を考えることが大事になってくると思います。

ケガをすると楽しいスポーツも楽しくありません。

 

ストレッチや、ウォーミングアップをしっかりと行うことで、ケガのリスクを抑え、

場面や身体の状況によって、どのストレッチが良いかを選択し、

行うことでパフォーマンスも向上するので、まさに一石二鳥です。

 

特に社会人になってくると、学生の時に比べて動く頻度も少なくなり、

身体が硬くなるので、ストレッチやウォーミングアップをしっかり行わないと、

肉離れなどのケガをしてしまい、日常生活に支障が出てしまいます。

その後のケア、日頃からのストレッチ、軽い運動も大事になってきます。

 

日常生活に少しでも運動を取り入れて、アップなどの事前準備に重点を置くことで、

楽しく長くスポーツを続けていけるので、

日頃からのストレッチ、運動前のストレッチ、運動後のストレッチも

どのストレッチが今の身体に当てはまるかを考えながら、

取り入れてみてはいかがでしょうか✨

 

 

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー