ブログ

【避けましょう】トランス脂肪酸について

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・動作改善パーソナルジム
Kinesis代表の宮奥 丞(名古屋の姿勢改善士)です。

 

 

 

今回のテーマは

 

 

 

トランス脂肪酸について

 

 

 

です。

 

「トランス脂肪酸」

 

聞いたことありますでしょうか?

少し健康に気を遣っていらっしゃる方でしたら

おそらくご存じのはずです。

トランス脂肪酸は、

身体に悪影響を及ぼすことで知られていますが、

なぜ悪影響が起こるのか?

そもそもトランス脂肪酸ってどんなものなのか?

詳しい部分はあまり知られていないと思います。

そこで今回は、

トランス脂肪酸についてのカンタン解説をしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

・トランス脂肪酸とは

 

トランス脂肪酸とは、

トランス型二重結合を持つ不飽和脂肪酸の総称です。

不飽和脂肪酸の型には、

シス型

と、

トランス型

の2種類があり、

水素原子が炭素間の二重結合をはさんで、
それぞれ反対側についている方が、

いわゆるトランス型=トランス脂肪酸と言われます。

 

 

 

 

 

 

・トランス脂肪酸は人工と天然がある

 

実はトランス脂肪酸は、

人工的に作られるモノと、

自然界に存在する天然モノ

2つがあります。

先に自然界に存在する方を説明しますと、

多くは牛などの反芻動物由来のモノで、

お乳や乳製品中に含まれるバクセン酸などが代表的です。

これらは、

そこまで悪い影響を与える物質ではないと言われています。

が、重要なのは人工の方です。

人工の方は主に工業的に生成されるのですが、

多くは水素添加といいまして、

もともと常温で液状の植物油(不飽和脂肪酸)を、

水素を添加することで分子構造を変え、

飽和させて固体化させる過程を踏みます。

そうすると、

人体では消化しきれない構造となり、

脂質由来組織である脳・神経に沈着します。

そして中~長期的に、

神経障害や冠状動脈疾患、

動脈硬化や認知機能への悪影響

などのリスクが向上します。

 

 

 

 

 

 

・トランス脂肪酸が含まれるモノ

 

トランス脂肪酸が含まれる身近なモノとしては、

 

お菓子
菓子パン
マーガリン
ショートニング
ファットスプレッド
加工食品(インスタント含む)

 

これらです。

 

 

 

基本的には大手メーカーのお菓子や菓子パン系は

ご多分に漏れずトランス脂肪酸が多く含まれます。

ちなみに成分表示を見ても、

「トランス脂肪酸」とは書かれていません。

多くは「植物油脂」と書かれているモノが

トランス脂肪酸のことです。

日本では食品表示法的に、

トランス脂肪酸を成分表示に明記する必要性がありませんので、

知っていないと分からないですね。

 

 

 

 

 

 

さて、いかがでしたでしょうか?

摂取し続ければ、

中~長期的に悪影響を及ぼします。

なので基本的には、

これらトランス脂肪酸を含む食品を

極力避けることが重要です。

加工食品やお菓子などは常食してはいけませんね!🙅

今回の内容はYoutubeでもご覧いただけます!

 

 

より詳しくこのような栄養情報を知りたいという方は

お気軽に「お問い合わせ」からご連絡下さいm(__)m

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー