ブログ

【身体作りに超重要‼】タンパク質について①

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesisトレーナーの角谷(かどたに)です。

 

今回は、身体を構成するたんぱく質についてです!

 

ソース画像を表示

 

タンパク質が重要なことは耳が取れるくらい聞きなじみがあると思います。

特にトレーニングをしている方だと当たり前すぎて、うんざりするのではないでしょうか。

ですが、今回はトレーニングをしている方、

していない方ももちろん重要なタンパク質の話を今一度していこうかなと思います。

 

タンパク質は、筋肉だけに限らず、皮膚、髪の毛、ホルモンまで作る重要な栄養素です。

免疫機能に関わる成分や、神経伝達物質を作り、

糖質や、脂質が不足しているときのエネルギー源にもなります。

身体に溜め込む貯蔵庫が無いので、毎日摂取した方が良いものとなります。

余ったタンパク質は尿として、排出されるのですが、摂りすぎには注意が必要です。

タンパク質を取りすぎた時の弊害として、余分なものが肝臓、腎臓へと行きつき、

これら臓器の負担になります。

そして、食欲不振、嚥下障害、体力の低下などが起こることもあるのです。

 

タンパク質を豊富に含む食品として、

肉、魚、豆類、イモ類、卵にも豊富に含まれています。

代表的なものでいえば、鶏ささみ、豚ヒレ肉、マグロの赤身、鮭、サバ、

そら豆、納豆、卵、チーズ、牛乳があります。
(最後二つは脂肪分が多すぎるので推奨しない)

タンパク質が豊富な食品は比較的カロリーが高め(動物性)です。

植物性たんぱく質の方がカロリーが低く、安価に取りやすく優先されがちですが、

動物性の方が*アミノ酸スコアは高めであり、

アミノ酸スコアが高い食品の方が良質なタンパク質が多いです。
(アミノ酸スコアについては次回説明します。)

 

タンパク質と一緒に取ると良いものの中で、ビタミンBと一緒に取ると良いです。

タンパク質を多く摂取する上で、気を付けなければいけないのが、ホモシステイン(アミノ酸)

の原料であるメチオニンの摂取を増やすことからホモシステイン値を上昇させるリスクがあると言われています。

 

ビタミンBに関しては前回のブログに詳しく書いてあるので、そちらをご参照ください。

 

【タンパク質の摂取のお供に】ビタミンBについて

 

【タンパク質の消化、吸収】

タンパク質はアミノ酸に分解されて、小腸から取り込まれます。

タンパク質は多数のアミノ酸が鎖状になっており、

その鎖が切られながらアミノ酸となり、消化されていきます。

その鎖を切る役目を担っているのが酵素になります。

 

まず、胃の中でぺプチンと言われる酵素により、

プロテオースやペプトンというものに変換されます。

さらに、小腸に行くことにより、

膵液に含まれるトリプシンなどにより、オリゴペプチドになります。

そこから、小腸の膜で膜消化され、アミノペプチターゼなどにより、

やっとアミノ酸になり、門脈を通って血中に運ばれていきます。

 

この切っている酵素もタンパク質などでできているため、

タンパク質がとても重要な物質だというのがわかると思います。

 

その後、タンパク質は門脈を通って肝臓に運ばれた後、

アミノ酸を溜めるプールに溜め込まれます。

体内には一定量アミノ酸を溜め込む場所があります。

 

そのアミノ酸プールで溜められるアミノ酸は、

食事由来の物だけではなく、筋肉や内臓を作り出すタンパク質(体タンパク質)

を分解して作られるアミノ酸も溜まっていきます。

 

そこからアミノ酸がエネルギーとして分解されて行くので、

食事からのタンパク質摂取が足りないと、

体タンパク質が余分に分解されてしまい、

肌、髪、内臓、ホルモンなど体のさまざまな部分に不調をきたしてしまいます。

筋肉にも不調をきたし、筋肉の減少などが起きます。

 

だからといって、多く摂ればいいというものでもありません。

タンパク質を過剰に摂取して、

アミノ酸プールの許容量を超えたアミノ酸は代謝されます。

アミノ基転移反応酸化的脱アミノ反応により、

アミノ酸とアミノ基がバラバラになります。
(アミノ酸がさらに分解される)

アミノ基が取り外されると、2-オキソ酸α-グルタミン酸

に分かれます。

 

α-グルタミン酸からはアミノ基がアンモニアとして取り外されます。

取り外されたアンモニアは毒性のある物質です。

なので、肝臓の尿路回路で尿素に代謝されて尿中に排出されます。

 

一方、2-オキソ酸は、TCA回路でエネルギー生成に使われます。

ですが、エネルギーが不足しているか、していないかで

利用のされ方が変わってきます。

 

エネルギー不足の時は、グルコース、ケトン体などのエネルギーに変換されて、

エネルギー充足の時は、脂肪酸に変換されて体内に蓄積されます。

 

ですが、どのアミノ酸も変換できるわけでは無く、

アミノ酸には、グルコース(糖質)になれる糖原性アミノ酸

脂肪酸やケトン体(脂質)になれるケトン原性アミノ酸。

そのどちらにもなれるアミノ酸があります。

なので、アミノ酸の代謝は種類によって異なります。

 

いかがだったでしょうか?

今回はタンパク質ってなんなのか、

タンパク質の消化、吸収について説明しました。

筋肉はもちろんの事、皮膚、髪の毛、ホルモン、臓器など

身体のほぼすべてを構成するのはタンパク質です。

タンパク質からアミノ酸になる過程も複雑ですし、

各臓器の酵素もアミノ酸までの分解に関わっていますし、

その酵素もタンパク質で構成されているので、

非常に重要な物質だということがわかっていただけたかなと思います。

もちろんタンパク質だけ摂れば良いというわけではありませんが、

タンパク質というものは身体を作る上で大事ですし、

筋トレをしている人はもちろんですが、

していない人も摂るべき栄養素です!

次回は、摂取量と、質の良いタンパク質の選び方について

説明していきたいと思いますので、

よろしくお願いいたします!

 

 

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー