ブログ

【身体を自己調整】オートファジーについて

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesisトレーナーの角谷(かどたに)です。

 

今回は、オートファジーについてです。

 

ソース画像を表示

 

皆さん、オートファジーって聞いたことありますか?

身体内部をキレイにすると言われるオートファジー。

細胞が活性化し、老化の抑制にも良いと言われていて、

最近注目されてきはじめ、耳にすることも増えてきたのではないのでしょうか。

 

今日はそのオートファジーについて説明していきたいと思います。

 

【オートファジー】とは、

身体の中で自食作用が働き、細胞内を正常に保つために、

細胞内で不要となったタンパク質を分解する仕組みのひとつです。

細胞内での異常なたんぱく質の蓄積を防いだり、

過剰にタンパク質合成したときや栄養環境が悪化したときに

タンパク質のリサイクルを行ったり、他にも細胞内に侵入した病原微生物を排除したりすることで

整体の恒常性維持に関与しています。

 

Auto=自ら

Phagy=食べる

という意味になっており、自食作用と呼ばれています。

 

【仕組みと役割】

・恒常性

自分の細胞内を正常に保つという働きをします。

細胞内には生命維持に欠かせないタンパク質や

ミトコンドリアなどの物質が多く存在し、それらが古くなったり、傷ついたりし、

細胞内に蓄積すると、他の細胞や身体のさまざまなところに悪影響を及ぼします。

 

その不要となった物質の蓄積を防ぐために、

細胞内のお掃除をし、それをリサイクルする役割をオートファジーが担っています。

 

細胞内に不要となった物質があると、それらを包み込む膜(細胞膜)が出現します。

この膜は不要となった細胞質を包み込むために大きくなっていき、

オートファゴソームといった二重構造の球体のようなものになります。

 

その内部には、リソソームという、球体のようなものが存在し、

リソソームには分解酵素が含まれており、オートファゴソームとリソソームが

融合しすることで内部の不要な細胞を掃除(分解)してくれます。

これがオートファジーです。

 

【細胞内部を障害から守る】

またリソソーム自身が障害を受けた時にもオートファジーが働きます。

リソソームの分解酵素でも溶かすことができない物質として、

痛風の原因となる物質の尿酸塩結晶が挙げられます。

尿酸塩結晶は針状で尖った形をしているため、リソソームに穴を開けてしまいます。

すると、破れた部分から酸性の分解酵素が流出し、正常な細胞まで傷つけます。

リソソームが傷つき破綻を感知すると、隔離膜が現れ、

オートファゴソームが形成されます。

オートファゴソームが傷ついたリソソームを包み込み、

それ以上分解酵素を広げないようにします。

 

【不要なタンパク質をアミノ酸へ】

オートファジーは不要なタンパク質をアミノ酸へリサイクルしてくれる働きを持ちます。

タンパク質は生命維持には欠かせない物質であり、消化の過程でアミノ酸になり、

吸収されていきます。

 

摂取している量や、その人の食事環境によりますが、

実は、食事だけでは、合成するタンパク質を補うことはできません。

この足りない部分をオートファジーが担っています。

オートファジーは不要なタンパク質を分解するだけでなく、

その不要となったタンパク質をアミノ酸にリサイクルする働きもしています。

このアミノ酸が再合成することで、体内で新しいタンパク質が作られています。

リサイクルして、生命維持の役割も担っています。

 

【病気も予防?】

オートファジーが注目される理由として、生命維持の役割だけでなく、

多くの病気、感染症の予防、免疫機能の維持など多くに関わっているということが

分かってきたようです。

例えば、アルツハイマー病は、脳の神経細胞に不要なタンパク質が

蓄積して発症すると言われていますが、

こうした神経系の病気はオートファジーの掃除、分解機能が

正常に働かないためではないかと考えられています。

 

ですが、ガン細胞もオートファジーを逆に悪用して生き延びることが

分かってきました。

本来、ガンは不要な細胞として、ミトコンドリアなどによる細胞死(アポトーシス)

誘導によって除去されます。

 

ですが、放射線治療や抗ガン剤投与により、ミトコンドリアが傷つけられ、

オートファジーが反応し、活発になり、ミトコンドリアまで除去してしまいます。

オートファジーを利用し、ガン細胞は治療から逃れているということになります。

なので、ガン治療中のオートファジーは逆にリスクが上がる可能性があるので、

注意しましょう。

 

【オートファジーのやり方】

オートファジーを行うにあたって大事なのは空腹時間を作ることです。

人のオートファジー機能が働く時間として、

16時間前後の空腹時間が必要と言われています。

 

人は飢餓状態に陥った時、しばらくの間は蓄積した脂肪を分解して、

エネルギーに変換します。

その間オートファジーは、細胞内の掃除に集中します。

蓄積した脂肪が無くなったときは、

細胞内の不要なものから順に分解し、エネルギーに変換します。

 

疑似飢餓状態、軽い空腹時間を作ることにより、

上記のような効果や、消化吸収に関わる臓器を休めることになり、

臓器の機能を回復させ、栄養吸収効率もアップします。

 

 

いかがだったでしょうか?

オートファジーには様々な効果があります。

一般的な1日3食だとオートファジー機能は働いてくれません。

1日3食だと多すぎるので僕的には1日2食をオススメします。

オートファジー以外の観点から見ても、

1日3食だと、食べる量も増え、自然と摂取カロリーも増え、

体重も増加していき、見た目も変わっていきやすいからです。

そして、臓器を休め、働きを良くし、栄養吸収効率の向上、

臓器の働きすぎによる病気のリスクの低減、

スリムな見た目を保つという観点から見て、

食間を開けるメリットはあるのではないかと考えます。

その分栄養バランスも意識していくと、

より健康的な身体になれるのではないかと思います。

ですが、あくまでその人の生き方が重要ですので、

無理に2食は進めませんが、

オートファジーに興味がある方はぜひ行ってみてください✨

 

 

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー