ブログ

【痛み改善】関節痛には筋肉&骨以外を見るべし

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesis代表の宮奥 丞(名古屋の姿勢改善士)です。

 

 

 

今回は、

 

 

関節痛には筋肉&骨以外を見るべし

 

 

です。

よく、肩や膝を痛める方がいらっしゃいますよね。

 

 

この場合、整体や整形外科へ行くと、

 

「どこどこの軟骨が悪い」
「ここの筋が固いから引っ張って痛んでる」

 

などと言われたりすることが多いと思います。

これは何も間違っていないことなのですが、

実は、もっと見てほしい部分があるということを、

皆さんはご存じでしょうか??

それは、、

 

「関節包、脂肪体、滑液包、筋膜、骨膜」

 

などの膜組織や結合組織です。

これらは見落とされがちですが、

痛みを語るうえで絶対に欠かせない組織たちです。

それはなぜかというと、これら膜組織や結合組織は、

筋や骨よりも痛覚受容体が豊富に備わっているからです。

 

 

つまり筋や骨よりも痛みをバンバンに感じ取れる組織なのですね。

ということは、

関節が痛いということは、おのずとその周辺の関節構造体である、

関節包や脂肪体、滑液包、骨膜や筋膜などの痛覚受容が豊富な組織が、

痛み刺激を感知している状態と言えます。

なので、根本改善ではないものの、

対症療法的にでも関節痛への治療効果を上げるためには、

筋や骨より、これら膜組織や結合組織にアプローチするべきであるといえるのです(^▽^)/
※ 筋が痛みの元であるケースももちろんありますが。

当ジムでも、トレーナーがそれら膜組織へアプローチすることで、

関節の機能性を整えてからトレーニング指導を行わせていただくことが多いです。

皆さんもぜひ、

関節痛の改善には筋や骨以外も重要だということを覚えておいてくださいm(__)m

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー