ブログ

【理論】背骨にS字カーブがあるべき理由

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesis代表の宮奥 丞(名古屋の姿勢改善士)です。

 

 

今回は、

 

 

 

背骨にS字カーブがあるべき理由

 

 

 

と、いうことで

私が度々言っている、「背骨は伸ばすな!」の

根本理由にあたるようなテーマですね。

皆さんは、

背骨にS字カーブ(生理的弯曲)が存在するのはご存じかと思います。

 

 

このように、横から見たときに、

頸椎(前弯)→ 胸椎(後弯)→ 腰椎(前弯)

のカーブが存在するのが、ヒトの背骨の特徴です。

この、「S字カーブがある理由」を、

みなさんは知っていますか??

ここを理解しないと、

私が散々言ってきている「背骨は伸ばすな!丸めろ!」

の本質がお分かりいただけないかと思います。

早速、そのS字カーブが存在する理由なのですが、

 

頭部および床反力の衝撃分散のため
椎体1つ1つにかかる圧力の分散のため
脊柱全体の構造的安定性を確保するため

 

以上の3つが主な理由となりますm(__)m

我々は、立つ、座る、歩くなど、

基本的な日常生活動作中は、常に上下方向からの衝撃に晒されています。

それが、頭部からの重量負荷(重力方向)と、床反力です。

この負荷を分散し、衝撃緩衝するためにS字カーブをなしているのです。

これが、例えば脊柱がまっすぐであったらどうなるでしょうか??

頭部の負荷と床反力が、椎骨1つ1つに垂直方向に一気に加わります。

すると、S字がある場合に比べて、まっすぐの円柱状になった脊柱には、

およそ10倍もの抵抗が軸圧方向にかかると言われています。
(カパンジー機能解剖学より)

つまり、S字があることで、

椎体1つ1つにかかる抵抗力が減り、

脊柱全体の構造的安定性が確保され、

頭部および床反力の衝撃分散が容易くなるわけです。

 

 

要は、

筋力で固めることなく、ラクに姿勢制御ができるのですね♪

さて、、、

これが理解できれば、

私が何度も主張してきている

「背骨は伸ばすな!」

の意味が分かっていただけるのではないでしょうか??

まとめますと、

 

背骨を過剰に伸ばすような姿勢改善アプローチは、

脊柱の構造的不安定性を招き、

過剰な筋緊張を誘発させ、慢性痛などの不定愁訴を引き起こすから。

 

なのですね(*^。^*)

本当に目指すべき理想姿勢とは、、、

「無意識に、ラクに重心が制御出来る姿勢」

なのですね!

今回の内容は、こちらの動画でもお話しております。

 

 

もし、本当に正しい姿勢を獲得したいという方は、

お気軽に「お問い合わせ」からご連絡下さいm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー