ブログ

【暑い時期の障害】熱中症にはご注意を。

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesisトレーナーの角谷(かどたに)です。

 

今回は熱中症にはご注意をについてです。

 

ソース画像を表示

 

気温がどんどん高くなって暑い季節が近づいてきましたね。

暑い季節といえば、海、アイスいろいろありますが、

特に怖いものとして、熱中症が挙げられると思います。

 

年間の平均死亡者数が増えている熱中症。

知らず知らずのうちに熱中症の症状があらわれているかもしれません。

 

暑い環境で発生する内科的疾患を総じて熱中症といい、

脱水によって体温調節の諸機能が破綻し、時によって死に至ることもある

障害です。

 

熱中症は症状から熱失神、熱痙攣、熱疲労、熱射病の4つに分けられますが、

個別の疾患というよりかは、暑熱環境下で運動を続けることで、

脱水や血圧低下の症状が起こり、

さらに進むと、体温の異常上昇や虚脱状態に至るという、

障害が進行していく中で連続して起こる症状との認識が必要です。

 

僕が子どものころは、熱射病には気をつけろと言われてきましたが、

最近では熱中症と名前が変わり、違う症状かと思いきや熱中症の中の一つだったんです。

 

分類としては、

【軽症】

・熱けいれん
(大量の汗で塩分が流れ、低ナトリウムとなり、けいれんを起こします。)

・熱失神
(末梢血管の拡張により一時的に脳の血流が減って起きます。)

【中等症】

・熱疲労
(脱水と電解質が喪失し、倦怠感、疲労感、虚脱感、頭痛、吐き気などが生じます。
意識障害もなく、体温調整機能も保持されているが、発汗、血圧低下、皮膚の蒼白、
弱くて速い脈などがみられます。)

【重症】

・熱射病
(意識障害、体温40℃以上、乾燥した皮膚が特徴で、
うつ熱により温度中枢機能が破綻し、体温上昇による循環・呼吸中枢の失調が
見られます。適切な処置がされない場合、多臓器不全で死亡することもあります。)

 

症状の程度としては、

熱の逃げにくさ(高温、多湿などの環境要因)、熱を逃がす能力(体調などの個別要因)

運動で作られる熱の大きさ(運動強度、運動時間などの熱産生量)

によって決まります。

 

熱中症が発症した場合は20分以内の処置が必要とされ、

・涼しい環境下への避難

・身体を冷却

・水分補給(塩分)

これらのことを行い、すぐに対応することが必要となります。

 

身体の冷却には、

衣服を緩め、常温の水、またはぬるま湯を霧吹きなどで吹きかけ、

扇風機、またはうちわで扇ぎ、頸部、脇の下などに氷嚢やアイスパックを当てて、

血液を冷やすなどが有効になります。

 

また、水分補給では、

胃の表面の熱を取るため冷たい飲み物が有効とされますが、

意識障害、嘔吐などがある場合は、窒息の危険があるので水分は避けましょう。

 

あとは、アスリートのパフォーマンスにも影響してきます。

運動中に脱水が起こってしまうと脱水率に比例して、

スポーツパフォーマンスが下がっていきます。

思ったようなパフォーマンスが出来ず、悔いが残るプレーも多くなるかもしれません。

自分のため、パフォーマンスの向上の為にこまめな水分補給を心がけてください。

 

いかがだったでしょうか?

暑い時期は知らず知らずのうちに汗をかいて、

「気が付いたら脱水症状になっていた」なんてことはよくあります。

水分が身体から抜けていくとどんどん体調不良になり、

最悪の場合死亡するケースもあります。

口渇感、大量の発汗が出ている場合、脱水の症状が始まっているので、

こまめな水分補給を心がけて自分の身体を気遣っていきましょう✨

 

 

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー