ブログ

【意外!?】体脂肪は悪いことばかりではない

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesisトレーナーの角谷(かどたに)です。

 

今回は体脂肪は悪いことばかりではないについてです。

 

ソース画像を表示

 

皆さん、体脂肪と聞くと嫌悪感を抱く方も多いのではないでしょうか?

確かに太っている方や、身体に異変が起きるほど、

異常に体脂肪が多いのは問題ですが、

体脂肪は身体を作る上で欠かせないですし、身体を動かす大切なエネルギー源です。

スタイルを異常に気にする方からすれば体脂肪の増加は避けたいのでしょうが、

あまり体脂肪を下げすぎても身体に対して弊害が起きます。

 

体脂肪は、主に皮膚の下に蓄えられる「皮下脂肪」

胃や内臓の間を埋める「内臓脂肪」

その他にも筋肉間の結合組織などにも蓄積されています。

 

一日のエネルギー摂取量とエネルギー消費量のバランスにおいて、

エネルギー摂取量(栄養摂取量)の方が多ければ、

脂質だけではなく余剰のタンパク質、糖質も脂肪となって蓄積されます。

 

脂肪は余分な荷物と思われがちですが、

1gあたり9キロカロリーのエネルギーがあり、

これは1gあたり4キロカロリーのタンパク質や、糖質の2倍に相当し、

貴重なエネルギー貯蔵庫です。

 

また、臓器の間にある内臓脂肪は身体の働きに対する潤滑剤の役目を果たし、

皮下脂肪では、臓器を保護したり、身体を慣例から守り体温の維持をする働きが

あります。

その他にも体脂肪は、ホルモンや細胞膜、核膜を構成したり、

骨の生成にもかかわってきます。

また小腸での吸収の際は、脂溶性ビタミンの吸収を助ける働きもあります。

 

こんなにも身体を正常に保つ機能が備わっているのですが、

体脂肪率が低すぎると、

筋分解が促進し、筋肉を分解してエネルギーを生み出すようになり、

筋力の低下、体温の低下などにつながります。

ホルモン分泌の異常も起こりやすくなります。

 

男性の場合だと、テストステロンや成長ホルモンの分泌が悪くなり、

筋肉の成長の妨げになってしまいます。

女性の場合ですと、生理不順や無月経などが起きやすくなります。

 

脂肪の多すぎも問題ですが、脂肪のなさすぎも上記のような

不調や、筋トレをしていても筋肉がつきにくいなどの恐れが出てくるので

注意しましょう。

 

体脂肪率を下げたい、痩せたい、絞りたい方などは、

脂肪をため込まないためには脂質を避ければいいんではないかと

考える人がいるかと思われますが、

確かに脂質はカロリーが高く、

オーバーカロリーを引き起こしやすい物質ではありますが、

脂質を摂らないことによる弊害も大きいです。

 

脂質が不足してしまうと、

食事の量が少なくなりがちな特に高齢者の場合は、脂質の摂取量が不足すると、

エネルギーが不足して疲れやすくなり、

身体の抵抗力が低下したりする可能性があります。

また脂質と共に吸収される脂溶性ビタミン(A,D,E,K)

が吸収されにくくなり、ビタミン欠乏になるリスクもあります。

高齢者じゃなくても脂質制限や食べる量が少なすぎる場合は、

若い人でもリスクは高いです。

 

なので、脂質の避けすぎも良くないので注意しましょう!

 

 

 

【男女別体脂肪率グラフ】

ソース画像を表示

 

上記のグラフのように、体脂肪率がわかるグラフがあります。

測る機会などがあれば、グラフなどを見て自分がどの位置にいるのかを

確認するのも良いでしょう。

 

体脂肪の測り方には種類が様々あり、

設備が必要だったり、高価な機械が必要だったり、

素人じゃ難しい計り方だったりと安易にできる方法が少ないですが、

最近では体重計に体脂肪計がついているものもあります。

 

ですが、体重計などについている体脂肪計での測り方は、

生体インピーダンス法といい、

体内の水分量によって値が変わってしまいます。

食事後、運動後、入浴後などは体内の水分量が変わっているため、

誤差が生じてしまいます。

 

ですが、できるだけ水分量に左右されないやり方として、

①同じ時間に測る

②同じ格好、同じような服装で測る

 

などを守っていただければ水分量に左右されにくく、

正確な数字に近づけることができます。

各機械の正確さなどの違いは変えようがありませんが、

毎日の“ズレ”をなくすことで

機械以外の誤差は埋められるので上記二つに気を付けながら行ってみてください。

 

いかがだったでしょうか?

体脂肪が低いことによりさまざまな弊害が起き、

ボディメイク的観点から見ても健康的ではないですし、

筋肉も付きづらくなってしまいます。

もちろん体脂肪がありすぎもダメです。

オーバーカロリーな食事により脂肪も付きます。

脂質、糖質、タンパク質なんでもかんでも摂りすぎは良くないですし、

摂らなすぎもよくありません。食事の質、バランスが大切です。

体脂肪は、食事以外にも睡眠、運動、ストレスなど様々な要因が絡んできます。

これらが乱れると体脂肪以外にも弊害が生じてきます。

どこででも言われているようなことですが、

ここが崩れると、すべてが崩れてくると言っても過言ではないので、

自分の身体に気を使いながら、健康的な身体を目指しましょう✨

 

 

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー