ブログ

【意外⁉】動かした時に関節がポキポキ鳴る理由

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesisトレーナーの角谷(かどたに)です。

 

今回は、動かした時に関節がポキポキ鳴る理由についてです。

 

ソース画像を表示

 

動かした時に音が鳴るから気になるって言われる方。

すごく多いです。

関節の音にもいろいろ種類がありますが、

動き始めた時にポキッとなり、

痛みはないけど何か気になることありますよね。

関節から音が聞こえるとなんだか気持ち悪い感覚というか、

何か異常があるのではないかと思ってしまいますよね。

今回はその関節から聞こえてくるポキポキ音の正体はいったい何なのかを

説明していきたいと思います。

 

この関節の音に関して色々な説があるのですが、

特に有力な説として、

関節の内圧が下がり、気泡ができ、その気泡が破裂する音だという説です。

 

関節の構造は骨と骨の間は、関節包で包まれており、

その中には関節液が充満しています。

身体を動かすと関節液で満たされた内部の圧力が急激に変化し、

液体が気化して、気泡(キャビティ)が発生します。

 

圧力変化に対して気泡が起こることをキャビテーションと言います。

例えば、水中の中でスクリュー回転を加えると、

泡が発生します。それが関節内部にも起こります。

 

 

では、どのようにすると関節が鳴るのか。

動かした際に関節内の圧力が一気に下がり、

急激な動きにより、気泡が引き伸ばされ破裂して音がなるのです。

そして、ある程度動かしていると次第に音が鳴らなくなります。

動かしていくと内圧が次第に高くなり、気泡が減っていくため

音が鳴らなくなるのです。

 

といった仕組みで関節がポキポキとなっていきます。

 

良く鳴る局面として、

動き初め牽引されたとき強めのストレッチなどで鳴ることが多いです。

あとは自分で動かすケースとして、

指のポキポキなどがあります。

 

ポキポキならしていくと、気泡が割れた衝撃が関節に伝わり、

刺激となって関節が太くなる可能性もあるらしいので、

限りなく低いとは思いますが、太くなりたくない方は注意しましょう。

 

 

いかがだったでしょうか?

傷みが無ければ動かしても全然問題ないので、

しっかり動かして良いと思います。

もちろん動かしちゃいけない関節音もあります。

ですが、今回のような軽いポキポキ音だと、

気泡が破裂している場合が多いです。

痛みがあるか、ないかで判断するのが良いと思います。

ですので、痛みがない場合は特に気にする必要はないかなと思いますので、

怖いかもしれませんが、軽くからで良いので動かしていきましょう!

 

 

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー