ブログ

【常識と違う】巻き肩は実は悪くない

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesis代表の宮奥 丞(名古屋の姿勢改善士)です。

 

 

 

今回は

 

 

巻き肩は実は悪くない

 

 

です。

巻き肩というと、

「治さないとダメなゆがみのテッパン」

的なイメージが浸透していますよね?

 

 

姿勢が悪い=巻き肩、、、みたいな。

ほんと、とにかくイメージが良くないわけなのですが、

 

実は、巻き肩は何も悪いモノじゃあないんですよ。

 

え、世間で言われてることと違うじゃないか!って?

はい。その通りなんです(^_^;)

巻き肩が悪いから、肩を後方へ引けるようにしよう!

というのが、そもそも機能的には間違いなのです。

そもそも、人間の骨格的に「巻き肩」なのが正常なんです。

 

引用元:川島敏生「ぜんぶわかる筋肉・関節の動きとしくみ事典」

 

上の写真のように、肩甲骨を頭上から見ると、

前方へ35度傾いて付いています。

これを「肩甲平面:scapular plane」と呼びます。

このように35度の傾斜が作られる理由としては、

肩甲骨が、胸郭の丸みの上に乗っかるように配置しているからです。

ということは当然ながら、

肩甲骨の先に付く肩(肩峰)の位置は、

身体の真横よりも、前に付着することになるわけですから、

この35度の巻き肩=前肩状態は、

構造的に見ても疑いようのない「正常な状態」なんです。

 

 

これを、上の写真のように、

「肩甲骨を寄せて、肩を後方へ引くようにする」

と、胸郭自体が丸まりを失って、正常な肩甲平面が失われるので、

脱力ができなくなります。

脱力できないと言うことは、常に緊張を強いられる姿勢になる

と言うことになりますから、長期的に見て良いことがないわけです。

慢性緊張姿勢は、過去の記事でも散々ダメな姿勢だと指摘してきました。

美姿勢を定着させてはいけない
背すじ伸ばすのやめませんか?

当ジムにお越しいただくお客様も、

胸を張って良い姿勢を取ろうと意識するせいで、

首や肩が痛んでしまっていた、という場合が多いです。

下の写真の人のように、

しっかり丸い背中を保ち、肩を巻くのがより自然な姿勢となります。

 

 

今回の内容は、YouTubeでもしゃべっています↓

 

 

ただし、悪い巻き肩も存在します。

それは、肩甲骨が挙上&鎖骨も挙上した状態での巻き肩です。

 

 

要は、「いかり肩」のことですが、これは治すべき巻き肩です。

ですが、いかり肩ではない巻き肩については、

後方へ肩甲骨を引くようなアプローチは不要です。

逆に、胸張り姿勢の人たちの場合は、

あえて巻き肩にするような姿勢改善アプローチが必要なのです!

当ジムでは、首や肩に慢性痛がある方への姿勢改善アプローチは、

ほぼ間違いなく「巻き肩方向へ誘導する」アプローチを致します。

巻き肩ポジションが正常位置で、最も筋肉の緊張が抜ける位置だからです。

本当に正しく、美しい、機能的な姿勢を獲得したい、という方は、

ぜひ、当ジムの初回体験にお申し込み下さいm(__)m

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

★ 現在、初回体験¥1,000キャンペーン実施中 ★
キャンペーンの詳細は →→ 「コチラ」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー