ブログ

【姿勢に重要】ポステリアチェーンについて

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・動作改善パーソナルジム
Kinesis代表の宮奥 丞(名古屋の姿勢改善士)です。

 

 

 

今回のテーマは

 

 

 

ポステリアチェーンについて

 

 

 

です。

ポステリアチェーンって言葉、

なじみ無いかと思います。

それもそのはず、

がっつり専門用語ですからね(笑)

ですが、

姿勢にお悩みの方においては、

専門家でなくても、
このポステリアチェーンの理解は必要と言えるのです。

なぜそれほどまでに、

このポステリアチェーンが姿勢に関わるのか?

それを簡単に説明します。

 

 

 

 

 

 

ポステリアチェーンとは、

 

身体背面の筋群のつながり

 

を指す言葉です。

ハムストリングスや大殿筋、脊柱起立筋群など

身体の後ろ側に付く筋群たちの総称とも言えます。

これらの筋肉たちは、お互いに連動しております。

ハムストリングスを収縮させれば、

離れた脊柱起立筋群も収縮が入ります。

つまり個別の筋肉であるにもかかわらず、

運動の際には互いに共働して発火する特性を持つのです。

 

※ポステリアチェーンの代表格である
スーパー・フィシャル・バックライン(SBL)

 

これはなにもスポーツや運動だけの話ではありません。

日常生活上で「姿勢」を制御する上でも働いているのです。

ポステリアチェーンの筋群は、

身体重心が前方へ傾きすぎるのを是正する役割を担います。

つまり

「前重心=反り腰」の悪姿勢の是正を担うのです。

もちろん腰が反っておらずとも

「前重心姿勢」は良くない姿勢です。

脊柱が伸展してしまい、

緊張が常時抜けなくなってしまいます。

なので、

ポステリアチェーンがうまく使えるようにして

身体重心を後方へ引き戻すようにする必要があるのです。

しかし、ここで疑問が浮かびます。

 

「ポステリアチェーンを鍛えすぎても緊張が走っちゃうんじゃ?」

 

はい。ごもっともな疑問です。

これも懸念すべき材料となります。

いくら前重心を是正するためとはいえ、

逆にポステリアチェーンを鍛えすぎて、

そこでの緊張を生みすぎるのは良くないです。

なので、

姿勢改善目的の場合、

無理にポステリアチェーン上の筋群を
筋肥大させる必要は無い

と考えます。

あくまでも、

全体的な運動の中で、

ポステリアチェーンに刺激を入力していく。

これがベストな選択肢かと思います。

そうすれば、筋が発する位置制御センサーが鋭敏になり、

自分のいる位置や、姿勢の制御がしやすくなるのです。
(※ 一部の背面筋は運動器以外にも感覚受容器としての機能も併せ持つ)

もちろん、

あまりにもポステリアチェーン活性が弱すぎる場合、

重りを用いて強い負荷をかける場面もあります。

ですが、重要なのは、

「日常生活で正しい姿勢をとれること」

ですから、

それに合わせて徐々に全身性の運動の中で、

自然かつ無意識的に、
ポステリアチェーンが使えるようにすることが賢明ですね!

以上のような理由から、

姿勢改善においてポステリアチェーンが重要!

と、言えるわけなのです。

種目で言えばデッドリフトなどは、

このポステリアチェーンを鍛えられる優秀なコンパウンド種目です♪

 

 

姿勢にお悩みの皆様、

ぜひポステリアチェーンをお忘れ無くm(__)m

もし専門家のモトで正しい姿勢改善トレーニング
を受けたい場合は、Kinesisにお任せ下さい✊

気になる方、

お気軽に「お問い合わせ」からご連絡下さいm(__)m

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー