ブログ

【ダイエット】”脱・1日3食”のすすめ

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesis代表の宮奥 丞(名古屋の姿勢改善士)です。

 

 

 

今回は

 

 

 

”脱・1日3食”のすすめ

 

 

 

です。

「1日3食しっかり食べないとダメ」

これ、当たり前みたいになってますよね?

生まれたときから、親が何を言うまでも無く、

朝・昼・晩と3食食べるのが普通、、、

どれか1食でも抜くと、なんだかダメな気がする、、、

みたいな感じしますよね(笑)

ですが、

これが実は、

現代においては肥満や慢性疾患の温床となりやすいのです(^_^;)

そもそも1日3食が一般家庭に定着しはじめたのが明治以降ですから、

まだ日本人の民族的には歴史が浅い生活習慣なんですよね。

1日3食だと、

起きている間、常に消化器内に食べ物がある状態になります。

 

 

食べ物を食べてから、まずは胃に2~3時間ほど食べ物は滞在し、

その後、小腸へ送られて食べ物を5~8時間かけて吸収していきます。

最終的には、胃~小腸で吸収しきれなかった水分を、

大腸が10時間以上かけて吸収し、便を残して1食が完全に消化器内から消えるのです。

すると、1日3食だと消化器が休まる瞬間がなく、

ずっと働き続けることになるのです。

消化器の疲弊は、食べ物の正常な消化を慢性的に停滞させ、

栄養素の失調が起こりやすく、免疫機能低下や、

将来的な心血管疾患、ガンなどのリスクを向上させる因子となり得ます。

また、当然ながら、腸内環境も荒れますので、

腸内細菌叢(腸内フローラ)の善玉&悪玉菌の拮抗関係が崩れ、

太りやすくなってしまうという側面もあります。

ですので、1日3食キッチリ食べてしまうと、

消化機能が疲弊することによる悪影響が起こりやすくなるのです(T_T)

これを予防&改善するには、

1日3食を、1日2食か、1食に変える

とうことがオススメです。

もちろん、無理にとは言いませんが、

短期間でも、まずは

 

「消化器に、何も固形を入れない時間を増やす」

 

という努力をするのが重要です。
※ファスティングなども広義で言えばこれと同じ事です。

理想としては、

前の食事から次の食事までの時間を、
12時間は空けられるようにしたいんですよね。

そうすると、自ずと1日2食以下になる計算となって、

消化器への負担を減らし、機能をリセットすることにもつながり、

その後の食事の栄養素の吸収率を上げることが出来ます♪

また、そもそもの総摂取カロリー量も減らせるので、

シンプルにダイエット効果も期待できるのです。

現に、当ジムのお客様へのダイエット指導でも、

間欠的ではありますが、1日2食にしていただく指導はさせていただいております。

「1日3食は、もしかしたら過食かもしれない」

この疑問を、

頭の片隅にでも置いておいていただけると良いですね!

根本的に食事を見直し、

体型的にも中身的にも健康になりたいという方は、

ぜひ、当ジムの初回体験にお申し込み下さいm(__)m

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

★ 現在、初回体験¥1,000キャンペーン実施中 ★
キャンペーンの詳細は →→ 「コチラ」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー