ブログ

【カルシウムを助ける】ビタミンDについて

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesisトレーナーの角谷(かどたに)です。

 

今回はビタミンDについてです。

 

今回は骨にも重要なビタミンDについて紹介します。

僕は前職が整形外科勤務で骨粗鬆症の方や、骨密度が低い方も多く見てきました。

ビタミンDのお薬なんかもあって、

僕の前職の病院ではよくビタミンDが入っているお薬を

処方されている方も多く見受けられました。

 

ですが、お薬というものは副作用がつきものです。

その副作用を抑えるために薬が増えていては元も子もないですし、

追いかけっこになるだけで何を抑えるためのお薬なのかがあやふやになってしまいます。

 

なので今回は、ビタミンDとは何か?

今、骨が弱っている方、これから弱るかもしれないから気を付けようと思っている方、

おじいちゃん、おばあちゃんの骨が弱っているから何とかしてあげたい方など、

お薬なしで安全に骨を強くするために必要なビタミンDの摂取の仕方を紹介します。

 

ビタミンDはカルシウムの代謝に関わっており、

体内を巡る血液中のカルシウム量が少なくなるとビタミンDが骨からカルシウムを溶かして

血液中に届けます。

カルシウムも取らなければいけないですし、ビタミンDもしっかり摂らなければなりません。

 

ですが、カルシウムは牛乳以外からの摂取をお勧めします。

日本人には乳糖不耐症の方が多いのはもちろんなのですが、

牛乳からカルシウムを大量摂取をしてしまうと、

身体が酸性に傾いてしまい、それを戻そうと骨からカルシウムを代謝して、

本来の弱アルカリ性に戻そうとする働きがあります。

そうなると、骨がスカスカになり骨粗鬆症になってしまいます。

なので牛乳以外からの摂取をお勧めします。

例えば、甲殻類(カニ、エビ)いわし、サバ、モロヘイヤ、小松菜、水菜、昆布

などがあります。

これらの食品から積極的に摂取しましょう!

 

カルシウムの話からビタミンDの話に戻ります。

ビタミンDは太陽からも実は摂取することができ、

紫外線は大敵だと思われていますが、15~30分は太陽に浴びて、

日光浴した方が良いです。

 

皮膚には、ビタミンDの前駆体となる物質が存在し、

紫外線が当たると活性型のビタミンDが出来ます。

若い女性で太陽、紫外線を避けるために日焼け止めのクリームを塗る方が多いですが、

将来、骨粗鬆症のリスクがその分上がりやすくなります。

 

紫外線も浴びすぎると身体に悪いものですが、

日焼け止めも骨以外にも身体に悪い成分が多いので、

あまりお勧めはできません。

 

ですが、日焼けしたくない方に向けての対処法としては、

物理的に日焼けを避ける方法をお勧めします。
(日傘、帽子、身体を隠すような服装)

それが難しい場合は、

SPFがなるべく低く、成分があまり入ってない日焼け止めクリーム
(SPF20ほどで十分)(合成界面活性剤、合成ポリマー、紫外線吸収剤など)

にしましょう!

 

 

もちろん太陽に当たるだけではなく、食物からも摂取が可能です。

キノコ類や、魚介類に多く含まれています。

ビタミンDは脂溶性のビタミンですので、油で調理すると吸収効率がアップします。

 

穀物や穀類にはほぼ含まれず、肉類にもわずかしか含まれません。

ビタミンDが多く含まれる食材として、

先ほども紹介したキノコ類、魚介類に多く含まれており、

特に多く含まれているものとして、

キノコ類では、マイタケ、生しいたけ、マッシュルーム、ほんしめじ

魚介類では、まいわし丸干し、イクラ、紅鮭、さんま

などに多く含まれております。

 

栄養価を逃さない食べ方として、

・脂溶性ビタミンに分類されるので、脂質を含む食品と一緒に取ると吸収率が上がります。

・生しいたけなどは食べる前に天日干しを1時間程度するとビタミンDの効能がアップします。

・カルシウムを含む食材と一緒に取ることにより体内での吸収率が向上します。

これらを意識して行うとビタミンDを効率的に吸収できます。

 

含まれている食品が意外と限定されているため、

意識して摂取しないと目安量よりも少なくなりがちです。

特に妊婦さんはカルシウムを胎児に与えるため、

カルシウムの代謝に関与するビタミンDが欠如しがちなので注意しましょう。

高齢者の方も、食事の総体摂取量が少なくなるうえ、

運動量も少なくなっていますし、外に出ることもだんだんと少なくなってくるので

意識して摂取することが大切です。

 

摂りすぎにも注意が必要です。

摂りすぎは腎臓に負担をかけます。

日本人は摂取量が目安量より下回りがちな栄養素ではあるものの、

サプリメントなどで補って過剰に摂取している場合は摂りすぎに注意です。

過剰に摂取すると、腎障害や、高カルシウム血症を起こしやすくなるので、

注意しましょう!

 

いかがだったでしょうか?

骨を強くするものとしてカルシウムはよく聞くとは思いますが、

ビタミンDをしっかり摂ろうって思う方はなかなかいないのではないのでしょうか?

ビタミンDも骨には欠かせないものですし、

カルシウムと一緒に取ることでより骨をより強くすることができます。

さらには、骨の柔軟性に関わってくるマグネシウムが含まれている食品も

一緒に取ると良いでしょう。

ビタミンDは食べ物以外からも摂取できる珍しい栄養素ですし、

日本人に足りない栄養素の一つですので、

もしこのブログを読んでいる方で、

骨密度が低い方、骨粗鬆症の方が身内や知り合いにいらっしゃる場合

今回の内容を伝えていただけたら良いなと思います。

太陽をしっかり浴びて、魚介類、キノコ類をしっかり意識して摂取していきましょう!

 

 

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー