ブログ

【アゴ引くはNG】理想的な頭の位置は?

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesis代表の宮奥 丞(名古屋の姿勢改善士)です。

 

 

 

今回は

 

 

 

 

理想的な頭の位置

 

 

 

です。

よく、

「アゴを引いて!」

と言われますよね?

 

↑ ネットから拝借した某美容サイトの画像。
よくこのような「アゴを引く」推奨がされているが…

 

世間的に言われている正しい姿勢とやらにあてはめたとき、

アゴのポジションを引かないと背すじピンに出来ないからですね。

背すじピン姿勢については、過去にも散々「最悪な姿勢」と主張してきたので、

ここでは細かく述べませんが、そのアゴを引くという行為で、

頭の位置も理想的になると主張する専門家の方もいらっしゃいます。

敵を作りたいわけではないですが、その主張はどう考えてもおかしいと言えます。

というのも、そもそもアゴを引くポジションが、

解剖学的基本肢位(最も緊張のない自然なフラット姿勢)から逸脱しているからです。

本来、「正しい○○の位置」等に言及する場合は、

最も緊張がなく、骨の支持性で保たれる位置をベースに言及しなければいけません。

なぜなら、それ以外の筋の緊張などを介して作られる姿勢は、

意識的でないと維持できない「過緊張」状態に繋がるからです。

この過緊張状態を強いる姿勢こそがよく言う「背すじピン」姿勢であり、

世間的にもこの姿勢が礼賛されているという悲しき現状です(^_^;)

【背すじ伸ばすのやめませんか?】

で、その過緊張に導く行為の1つにアゴを引くという動作が入ります。

アゴを引くと、頸椎の生理的前弯が喪失します。

つまり、ストレートネックと言われる状態が作られます。

 

 

これは、首こりやめまい、頭痛を引き起こすので最悪です。

頸椎には前カーブ(前弯)があるのが正常であり、

この正常な前カーブを維持するためには、アゴを引くなど決してしてはいけないのです。

また、頸椎への負担以外にも、アゴを引けば二重アゴになりやすく、

美容的な側面から見てもデメリットが生じてしまいます。

なので、理想的な頭の位置を知っておくことで、

このような「アゴを引いて頭の位置を正す」という間違いを犯す必要がなくなります。

さて、その気になる「正しい頭の位置」というのは、

 

「鼻頭と耳の穴を結んだ線が、床と並行になる位置」

 

が、正しい頭の位置となります。

これを、専門用語でカンペル平面と言います。

 

 

これは本来、歯科の世界で咬合の評価をする際に用いる指標ですが、

頭の位置を評価する際にも応用が出来ます。

ちなみに、よくカンペル平面と比較される、目と耳の結線である

「フランクフルト平面」を床と並行にするのは推奨しません。

これだとまだアゴを引く動作になりますので、過緊張は取れません。

皆さんも、「アゴを引く=正しい」のステレオタイプから脱却し、

新たな「姿勢の新常識」をぜひ頭に入れておきましょう!

全ては、ラクで自然なあるべき姿勢のために(^.^)

本気で姿勢改善をしたい方は、ぜひ当ジムの初回体験へお申し込み下さい!

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

★ 現在、初回体験¥1,000キャンペーン実施中 ★
キャンペーンの詳細は →→ 「コチラ」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー