ブログ

【けっこう多い】踵に乗れないということ

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・機能改善パーソナルジム
Kinesis代表の宮奥 丞(名古屋の姿勢改善士)です。

 

 

 

今回は

 

 

踵に乗れないということ

 

 

についてです。

当ジムの姿勢改善アプローチでは、

「背骨のS字を再獲得する」

という、テッパンのアプローチ以外にも、

重要なアプローチがいくつかあります。

そのうちの1つが、

 

「踵に乗る」

 

ということです(*^。^*)

え、踵に乗るとかけっこう簡単じゃん(*^o^*)

って思ってる方多いと思うのですが、

姿勢が悪い方は、十中八九、踵に乗れていません。

それがどうゆうことか?といいますと、

「常に身体重心が前傾した状態で定常化している」

ということに言い換えられます。

これを前傾姿勢と言います。

 

 

前傾姿勢はたびたび過去の記事でも取り上げましたが、

まあ、良いことない姿勢なんですよね、これ(..;)

モモ前張るし、ふくらはぎも太くなるし、

腰も痛くなるし、首&肩もバッキバキに緊張するし、

お腹も前に出るし、バストも垂れるし、

頭も前に出るし、イラつきやすくなるし、頭痛も出やすいし、

とにかく、良いことがないんですわ(笑)

これだと、足裏の拇指球に過剰に体重がかかったりするので、

踵にしっかりと体重が乗らない姿勢になります。

踵とは、「足に重さを乗せる」と書いて、「踵」と読みます。

その言葉通り、

正常姿勢であれば踵に体重を乗せるのが基本です。
※当然、過剰な踵重心はNGです

足裏の正しい重心位置については、こちらの動画を合わせて参照下さい。

 

 

動画でもしゃべっているように、

正しい足裏の重心位置は踵となるのですが、

前述の前傾姿勢では、

良い姿勢を過剰に意識したりするせいで、踵から荷重点がずれ、

前方(つまりつま先方向)へ荷重点が変位した状態なのです!

踵に乗ることが出来れば、

骨と骨の構造的な支持力で姿勢を保持することが出来ます。

これを骨性支持と言いますが、筋肉の過剰緊張を介さないので、

ラクで自然な姿勢に近くなります(*^。^*)

よく整体師の人とか理学療法士の人は、

この骨性支持を嫌ったりするのですが、実際はそこまで悪くありません✊

むしろ踵に重心を乗せることが出来れば、

背骨のS字も自然に誘導されやすくなるので超重要です。

当ジムでも、スウェイバックやフラットバックといった

正常なS字カーブが殺されてしまっているお客様へのアプローチとして

必ずと言って良いほど「踵へ乗る」アプローチを行っています。

セルフでも出来るのですが、これについては以下の動画をご参照下さい。

 

 

みなさんも、正しい姿勢を取り戻すには、

「踵に乗れているかどうか」

ここを確認してみて下さいね✊

もし、名古屋近郊で正しい姿勢を獲得したいという場合は、

当ジムの初回体験まで!

初回体験のお問い合わせは、

「お問い合わせ」からどうぞm(__)m

※ LINEでのお問い合わせも便利です♪

→ →  「LINEを登録して問い合わせる」

★ 現在、初回体験¥1,000キャンペーン実施中 ★
キャンペーンの詳細は →→ 「コチラ」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー