ブログ

【いたわりすぎ】四十肩は動かすべき

こんにちは!

名古屋・西区浄心駅すぐ近く!
姿勢・動作改善パーソナルジム
Kinesis代表の宮奥 丞(名古屋の姿勢改善士)です。

 

 

さて、今回のテーマは

 

 

 

四十肩は動かすべき

 

 

 

です。

四十肩については、当ジムでもよく聞くお悩みです。

 

 

整体にいっても、整形外科にいっても、

結局は温熱か投薬されておしまいというのがデフォです。

これについては対症療法なので、無論根本改善とは真逆です♪

要は、

四十肩(五十肩も定義は一緒)と呼ばれる肩関節周囲炎は、

皆さん、

なってしまったら、肩周りを動かすのを極端に嫌います。

 

「また動かして痛みがひどくなったらいやだ」

「動かすのがそもそも痛みの原因なんだし」

 

気持ちはよく分かります。

ですが、

実はコレが逆効果なのです!

四十肩の原因は、

 

関節構造体の不活動及びエラー運動による
廃用とオーバーユース

 

に、おおよそ限定できます。

これはつまり、

 

「動かしてなさすぎ」

 

 

「間違えた動かし方で動かしすぎ」

 

の2つなのです。

言い換えれば、

「正しい関節運動に修正する」

ことで、根本改善が十分に可能であるとも言えるのです。

考えてみて下さい。

自転車って、

毎日乗るのと、1年に数回しか乗らないのとだと、

どちらが故障しやすいでしょうか??

これは程度にもよりますが、明らかに後者ですよね?

年に数回しか乗らないでおくと、

チェーンやブレーキパッドはさび付き、

タイヤも空気が減っているでしょう。

 

 

コレと同じことが肩関節にも言えます。

毎日適度に動かしていれば、

肩関節構造体は潤滑性を失わずに関節運動を遂行してくれます。

ですが、全く運動しないと、

久しぶりに動かすので潤滑性が失われ、

まるでさび付いたように関節運動に痛みが伴うのです。

なので、四十肩にお悩みの皆さんには、

 

「痛みにビビらず、積極的に動かせる範囲内で動かす」

 

 

 

ということを推奨したいと思います(*^。^*)

動かす=運動こそが、良薬であると言えるでしょう。

いたわりすぎてずっと動かさないでいると、

脳が肩周りへの運動パターンを忘れてしまいます。

 

 

すると、いざ動かそうにも、

運動パターンが忘れられているので、

動かし方がさらに分からなくなり、

痛みや可動範囲の減少に拍車がかかるのです。

もちろん、「不活動」が原因の四十肩の場合には、

単純に「動かしましょう」だけで通用するのですが、

「ミスユース=間違った使い方」が原因の場合は、

正しい関節運動を覚え治してから、動かすのが良いでしょう!

もし、その「正しい関節運動」を教えてもらいたい!

という場合でしたら、

お気軽に「お問い合わせ」から当ジムまでご連絡下さいm(__)m

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しく姿勢・機能改善について、
長期定着化ボディメイクやダイエットについて知りたい!
Kinesisのトレーニングを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

「 名古屋で姿勢&機能改善なら、パーソナルジム Kinesis 」

 

~初回体験の申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー